記事

アメリカにとって北朝鮮脅威は事実上なくなったようだが、日本が置かれた状況はちょっと違うぞ

さすがにアメリカを挑発することだけは止めたようである。

ロシアや中国が何と言っても、やる時はやる、というアメリカのトランプ大統領には、如何に国内で強権を振るっている金正恩朝鮮労働党委員長も無駄な抵抗はしないことにしたのだろう。
やはり、アメリカのシリア攻撃は北朝鮮に対してだけは効いているようである。

日本には言うだけ番長と仇名された人がいるが、トランプ大統領はやはりやる時はやる、という強いタイプの指導者である。
少なくとも、今回の米朝会談はトランプ大統領のペースで進むようである。

また騙されるんじゃないか、などという観測も相変わらずあるが、騙されたと知った時のトランプ大統領の反応は想像するだに恐い。

とにかくこれでアメリカは北朝鮮をアメリカにとっての現実の脅威とは見做さなくなるのだろうと思っている。

しかし、日本にとっては北朝鮮の脅威がこれで消えるわけではない。
北朝鮮は、どうやら事実上の核保有国であることをアメリカに認めさせようとするのだと思う。
小野寺防衛大臣の手腕に期待するしかないのだが、日本が置かれている立場は実に微妙である。

国会議員の皆さんには、日本の国民を危険に晒すことのないよう、くれぐれも慎重かつ賢明な判断をしていただきたい。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  2. 2

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  3. 3

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  4. 4

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  5. 5

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  6. 6

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  7. 7

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  9. 9

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    フェアプレー精神がない安倍政権

    階猛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。