記事

両首脳の共同記者会見。北朝鮮問題では、拉致問題をプレイアップできたことは成果。 - 4月19日のツイート

財務次官のセクハラ疑惑について、テレ朝が深夜の会見。テレ朝の女性社員であったことを公表。週刊新潮にネタを渡したことはテレ朝として反省。女性記者は取材のため、1対1で食事を何回もしたというが、本当なら、次官も記者も問題だ。次官側、財務省側の反論もあろうが、この問題は長引くだろう。

日米首脳会談終了。今、両首脳の共同記者会見。北朝鮮問題では、拉致問題をプレイアップできたことは成果。貿易問題は、今後の実務者による協議に任せる形に。詳細は後で分析するが、一定の評価が可能な内容だ。中国・ロシアへの対応や中東問題についても、議論があったのか、尋ねてみたい。

スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、今日は、自殺した畏友西部邁さんについて語ります。改革を潰されて東大をともに辞職した仲間です。大衆社会への絶望を表明していた思想家でした。以下で無料配信しています。http://m.himalaya.fm/jp/episode/192248/6054396/2…

テレビ朝日の上司の対応も問題だが、このセクハラ「被害者」に記者としての矜持はないのか。自局を使わずに週刊誌に匿名でネタを売る。それに、次官と2人きりで食事など論外だ。アメリカの女性記者のように、堂々とカミングアウトして告発したほうが世論に訴える。それが「戦う記者」の姿だ。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  3. 3

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  4. 4

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  5. 5

    宗男氏「石破氏発言は筋通らぬ」

    鈴木宗男

  6. 6

    不妊の原因 約48%は男性側に異常

    幻冬舎plus

  7. 7

    メディアは国民の敵? 米国で賛否

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    子供を大学に入れるヤクザが増加

    NEWSポストセブン

  9. 9

    対人の信頼度 韓国が大幅に下落

    NewSphere

  10. 10

    クイズ不正解で有給認めず物議に

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。