記事

チケット高額転売に「早急な法規制を」宇崎竜童、Zeebraらが国会議員に訴え

1/4

(左から)宇崎竜童、夏木マリ、石破茂議員、May J.、Zeebra

宇崎竜童、夏木マリ、May J.、Zeebraが4月16日、東京・永田町の衆院第1議員会館にて「高額チケット転売に反対するアーティスト・アスリートの要望を聞く会」に出席した。

宇崎らはコンサートやスポーツの試合などの人気チケットがオークションサイト等で高額転売されるのは問題だと主張。不当な高額転売を防止する法的な規制が早急に必要だと、集まった国会議員に訴えた。

共に出席した一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会会長の中西健夫氏は、「2016年頃からある転売サイトがテレビCMを放映し、あたかも転売に正当性があるように様々な事がおこなわれ始め、我々はすごく危機感を持った。
とある人気コンサートでは3分の1のキャパシティが転売目的で買われていた事が発覚。また、ある東京ドームのコンサートでは前方の席、約150枚が30万円以上で売られていた。更に驚きなのが、人気ミュージカルの千秋楽公演で数千円のチケットが99万円で売られており、それが売れてしまっていたという事実があった」と悪質な高額転売ビジネスの現状を説明。

続けて、「こんなことが許されるのだろうかと、初めてエンタテインメントの4団体(一般社団法人日本音楽事業者協会・一般社団法人日本音楽制作者連盟・一般社団法人コンサートプロモーターズ協会・コンピュータ・チケッティング協議会)が集まって新聞広告を2016年8月に打ち出した。これを機に高額転売を初めて社会問題として捉えていただき、色々なマスコミで是非が問われた。

今や音楽であるとかスポーツであるとかそういう事ではなく、日本の興行界全体の問題となっており、国際社会に向けて、このことをスルーすることは、恥ずかしいことであると思う。そして、高額転売であり得ない利益を生んでいる人もいる。その事に憤りを感じている」と問題の重要性を伝えた。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

  10. 10

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。