記事

EU、対イラン新制裁で合意に至らず 核合意巡る期限迫る

[ルクセンブルク 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)は16日、ルクセンブルクで開いた外相理事会で、弾道ミサイル開発やシリアのアサド政権への支援を巡る新たな対イラン制裁を協議したが、イタリアの反対で合意には至らなかった。

トランプ米大統領は2015年にイランと欧米など6カ国が結んだ核合意について、5月12日までに欠陥を「修正」するよう欧州の当事国に求めているが、一部のEU外交官は外相理事会の結果を受け、EUはこの期限までに新制裁について合意できない可能性があると指摘した。

トランプ大統領は核合意について批判を繰り返しており、離脱も辞さない構えを見せている。

英独仏はトランプ氏の核合意やイランに対する批判を受け、シリアのアサド大統領のために戦うイランの「民兵組織や司令官」を対象にした制裁を提案。トランプ大統領に核合意からの離脱を思いとどまらせる狙いがあった。ただ、イタリアがこの案に反対したほか、オーストリアもイタリアに同調した。

イタリアは会合で、弾道ミサイル開発や周辺地域での活動を巡りイランに制裁を科しても、トランプ大統領による核合意破棄を阻止することにはならないと主張した。

ただ、EUは総意として核合意を堅持したい意向であるため、外相らは今後も取り組みを続けることで一致した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  2. 2

    「人生何度でもやり直せる」は嘘

    文春オンライン

  3. 3

    テレ朝アナ「信頼は地に落ちた」

    AbemaTIMES

  4. 4

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    熱狂が一転 ニュータウンの末路

    NEWSポストセブン

  6. 6

    舛添氏「最強の権力はマスコミ」

    舛添要一

  7. 7

    福田次官は精神年齢が幼すぎる

    おおたとしまさ

  8. 8

    北の核実験中止 脅威は変わらず

    緒方 林太郎

  9. 9

    8割の店で禁煙 小池氏挽回なるか

    駒崎弘樹

  10. 10

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。