記事

あなたはチンパンジーより正しく世界を認識していますか ビル・ゲイツ氏に悟りを開かせた13の問い

なぜ歪んだ世界観が広がっているのか?

[ロンドン発]米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏をして「どうして私が『途上』国について語るのを止めたくなったのか」と言わしめるきっかけとなったスウェーデンの公衆衛生学者をご存知だろうか。TEDトークで「最高の統計学」を披露した故ハンス・ロスリング氏(1948~2017年)である。

今の世の中、「ポスト真実の政治(客観的な事実より感情に訴えることが重視される政治手法)」「フェイク(偽)ニュース」が幅を利かせている。

そんな中、ハンス氏は息子のオーラ・ロスリング氏(42)とその妻アンナさん(42)と一緒に遺作となった新著『ファクトフルネス(事実がいっぱい)私たちが世界を間違って認識している10の理由 どうして世界はあなたが考えているより素晴らしいのか』(筆者の仮訳)を発表。改めて、事実を正確に把握する大切さを問いかけた。

ロンドンに新著のプロモーションのためにやって来たオーラ氏とアンナさんを囲んでのラウンドテーブル・ディスカッション(少人数での円卓会議)に参加する前に、オーラ氏から13の質問が電子メールで送られてきた。

例えばその中にこんな質問がある。

質問9 今日、世界の1歳児のどれぐらいが感染症予防のためワクチンを接種していますか?
(A)20%(B)50%(C)80%

オーラ氏と妻アンナさん(筆者撮影)

正しい答えは(C)だ。「正確には88%です」とオーラ氏はラウンドテーブル・ディスカッションで切り出した。「正答率が一番高かった国は21%のスウェーデン、日本は6%です。では動物園に行ってチンパンジーに回答させたらどうなるでしょう。当てずっぽうに言っても3つに1つは正解だから33%になります」。ちなみに世界平均は13%だ。

オーラ氏のプレゼンをもとに作成

チンパンジーより賢いはずのヒトの正答率がこんなに低い理由は何なのか。どうしてこれだけ歪んだ世界観が広がっているのか。オーラ氏によると、アメリカのジャーナリストの集まりでの正答率は20%、欧州連合(EU)域内のジャーナリストの集まりでは6%に過ぎなかった。

「先進国」と「途上国」という枠組みに意味はない

人間とは理性より感情に支配される生き物。それはEU離脱を選択したイギリスの国民投票やアメリカのドナルド・トランプ大統領の誕生でも、はっきり証明された。そして皮肉なことにソーシャルメディアではなく新聞やテレビといったレガシー・メディアが先入観と偏見を増幅させている。

ロンドンの外国人特派員協会(FPA)に所属する仲間からこんな意見が出された。「新聞やテレビは悪い話しかニュースとして取り上げない。良い話はニュースにならない」

「私は13問のうち2つしか正解を答えられなかったが、息子は6つも正解した」とイタリア出身の女性ジャーナリストが話すと、オーラ氏は「子供はまだチンパンジーに近いからです」と説明した。人間はどうして大人になればなるほど、間違った世界観を持つようになるのか。1つの理由は学校を卒業したら学ぶのを止めるからだ。

筆者は「人間の認識は比較することからもたらされる。私たちから見ればアメリカは十分豊かな国だが、アメリカ人は、自分たちは貧しくなったと感じている。人間の認識は相対的なもので絶対的なものではないからでは」と意見を述べてみた。

オーラ氏「絶対的なのは生きるのか、死ぬのかということです。子供たちが死んでいくというのは絶対的に重要な点です」

筆者「一番大きな問題は、昔の方が幸せだったと感じている恐竜たちが事実を知りたいと思っていないことだ」

オーラ氏「歪んで認識された世界は本当にストレスがたまります。正しい統計の数字はこのストレスから我々を救ってくれる。事実に対して無知であることを誰も望んでいない」

ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長として慈善活動に取り組むゲイツ氏は「先進国」と「途上国」という見方にとらわれてきた。しかし、ハンス氏によって「時代遅れで、意味がない」ことに気付かされた。たとえばハンス氏が提唱するレベル1、2、3、4というグループ分けに、ゲイツ氏は目を見開かされたという。

【レベル1】1日2ドル未満で暮らす絶対的貧困者10億人。裸足で歩き、床で寝る
【レベル2】1日2~8ドルで暮らす30億人。靴や自転車が買え、マットレスの上で眠れる
【レベル3】1日8~32ドルで暮らす20億人。子供が高校に進学
【レベル4】1日に32ドル以上使う10億人

「先進国」と「途上国」という見方にとらわれている限り、摩天楼から見下ろしているのと同じで、相手が10階にいても50階にいても同じように低いように見える。レベル4という高みからではなく、レベル2とレベル1を比べると随分、世界は改善していることが見えてくる。

世界的公衆衛生学者からの13の質問の中身

それでは、あなたも13の問いにチャレンジしてみては――。

質問1 世界中のすべての低所得国で現在、どれだけ多くの女の子が小学校を修了していますか?
(A)20%(B)40%(C)60%

質問2 世界人口の過半数はどの地域に住んでいますか?
(A)低所得国(B)中所得国(C)高所得国

質問3 過去20年間で絶対的貧困に苦しむ世界人口はどうなりましたか?
(A)約2倍(B)多かれ少なかれ同じレベル(C)約半分になった

質問4 世界の平均余命は現在、何歳でしょう? (A)50歳(B)60歳(C)70歳

質問5 現在、世界には20億人の子供(15歳以下)がいます。国連によれば2100年に世界の子供人口は何人になっていますか?
(A)40億人(B)30億人(C)20億人

質問6 国連は2100年までに世界人口はさらに40億人増えると予測しています。何が一番の理由ですか?
(A)15歳未満の子供が増える(B)15~74歳の大人が増える(C)75歳以上のお年寄りが増えるから

質問7 自然災害による年間の死者数は過去100年間でどのように変わりましたか?
(A)2倍以上になった(B)ほぼ同じ(C)半分未満に減った

質問8 世界では現在、約70億人が暮らしています。下のどの地図が正確な人口分布を表しているでしょう(人形1つが10億人)

オーラ氏提供

質問9 前出と同じ

質問10 世界平均で30歳の男性は10年を学校で過ごしています。同じ年齢の女性は何年ぐらい修学しているでしょうか?
(A)9年(B)6年(C)3年

質問11 1996年、トラ、ジャイアントパンダ、クロサイはすべて絶滅危惧種でした。このうち何種がより絶滅の危機にさらされていますか?
(A)2種(B)1種(C)なし

質問12 世界で何人の人が電気にアクセスしていますか?
(A)20%(B)50%(C)80%

質問13 気候研究者は今後100年で平均気温が何度上昇すると信じていますか?
(A)より温かくなる(B)変わらない(C)寒くなる

正解は次の通り。

1:C, 2:B, 3:C, 4:C, 5:C, 6:B, 7:C, 8:A, 9:C, 10:A, 11:C, 12:C, 13:A

あなたはチンパンジーより正しく世界を認識していましたか?

あわせて読みたい

「統計学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  2. 2

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  3. 3

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  4. 4

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  5. 5

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  6. 6

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  8. 8

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  9. 9

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。