記事

大谷マニアに沸くエンゼルス 集客力では既に「松井秀喜超え」


【アナハイムで声援を送る大谷ファン(時事通信フォト)】

 エンゼルスの勢いが止まらない。大谷効果で、7連勝。大方の予想を裏切る開幕ダッシュでア・リーグ西区首位に立つ。1995年の野茂英雄以降、これまで二千試合を現地で取材したスポーツジャーナリストの古内義明氏が、初めてエンゼルスを見た29年前を回想し、“大谷マニア”も出現した現在のフィーバーを比較しながら、エンゼルスの球団史を見つめた。

 * * *
 カリフォルニアの太陽で焼けたチームカラーの赤色の座席がやけに目立つ。観客はまばらで、売り子の声が響き渡り、客席では野球そっちのけで、ビーチボールで遊ぶファンが妙に楽しげだった。

 いまから29年前、エンゼルスのゲームを初めて見たこの光景が、私の脳裏に焼き付いている。

 その年、本拠地アナハイム・スタジアムではオールスターゲームが開催された。エンゼルスから選出されたのは、左のエースのチャック・フィンリーただ一人。すでにオールスターグッズは大量にセール品として出され、ショップ内の人影はまばら。いまやそのショップでは、「OHTANI」とプリントされたユニホームやTシャツが飛ぶように売れている。

 1961年に拡張計画の新球団として誕生したエンゼルス。最初のシーズンはロサンゼルス・リグレー・フィールドを、翌1962年から1965年まではドジャー・スタジアムを間借りしていた。平均観客動員は1試合あたり1万人ほどで、現在の夏の甲子園よりも少なかった。1966年に待望のアナハイム・スタジアム(現エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム)が完成するが、1980年にナショナルフットボールリーグのロサンゼルス・ラムズが移転してきたため、兼用球場に改修され、余計に空席が目立つ憂き目にあった。

 エンゼルスが全米の注目を集めることは稀だった。球団史を彩ったロッド・カルーやノーラン・ライアンはその時々で注目を浴びたが、人気球団が来場した時はその球団のユニホームを着たファンの声援が目立つことも珍しくはなかった。当時の思い出としては、人気野球映画「メジャーリーグ」に主演したチャーリー・シーンが彼女と一緒に、誰もいないレフトの外野席で、両手を広げてホームランボールをおねだりする姿が、お茶の間に流れたことだ。

 ロサンゼルスと言えば、今も昔もドジャースである。毎年のようにワールドシリーズ制覇を狙うドジャースは、リーグ優勝22回、世界一に輝くこと6回の名門球団。一方のエンゼルスは、リーグ優勝とワールドシリーズ制覇が2002年のわずか一度だけ。非常に対照的なチームが50キロ圏内に共存しているのだ。スタジアムを包む空気はどこか牧歌的で、ファンも勝利に執着するよりも、野球自体を楽しむという雰囲気。23歳の大谷翔平の成長を温かく見守るファンであることは間違いないだろう。そういう意味で、大谷は自分の将来像を描けるいい球団を選んだ。

 そのエンゼルスは1961年の創設以降、実は正式名称を4回も変更している。1961年から1964年までロサンゼルス・エンゼルス。1965年から1996年はカリフォルニア・エンゼルス。1997年から2004年まではアナハイム・エンゼルス。そして、2005年から現在まではロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムという具合だ。初代オーナーは、カウボーイ俳優として一世を風靡したジーン・オートリー氏。球場内に銅像があるし、彼の背番号「26」はチームの6つの永久欠番の一つになっている。

 お荷物球団と揶揄されたエンゼルスは1997年にウォルト・ディズニー社がオーナーとなって、チーム改革が一気に進んだ。1995年にラムズがセントルイスへ移転したことで、野球専用スタジアムに改築され、その際左中間にビックサンダーマウンテンのような巨大な岩山が登場した。同社はナショナル・ホッケー・リーグのアナハイム・ダックスも創設し、ディズニーランドとスポーツの一体化を進めた。その結果、2002年ワイルドカードからプレイオフに出場したエンゼルスはその勢いのまま、球団創設42年目で初のワールドシリーズを制し、球団史を塗り替えてみせた。

 その陣頭指揮を執ったのが、2000年に就任し、現役最長監督のマイク・ソーシア監督。レギュラーシーズンの勝率は5割を越え、通算勝利数「1582勝」で球団歴代1位、メジャー史上でも21位にランクインする名将だ。ただ、2009年のプレイオフ以降白星から遠ざかり、今季が契約最終年という土俵際。大谷の加入を追い風にして、是が非でも結果が欲しいシーズンだろう。

 大谷を最も欲しがった男が、広告代理店業で財をなしたオーナーであるアート・モレノ。メジャー史上初のヒスパニック系のオーナーとなった。アナハイム人口の46.76%がヒスパニックまたはラテン系であるという数字を意識したマーケティング戦略で、長年白人ファンが多かったファンの構成比を変えた。当然、アルバート・プホルズを始めとして、ラテン系選手の補強にも積極的だ。また、モレノがオーナーになって以降、観客動員数が300万人を下回ったことは一度もなく、1990年代に4度も100万人台があったチームとは到底思えないほど、経営面でも成功している。

 過去にも、長谷川滋利氏、松井秀喜氏、高橋尚成氏が在籍したが、大谷ほど爆発的な観客動員数に繋がることはなかった。ヤンキースでワールドシリーズMVPを獲得した翌年に移籍した松井秀喜氏でさえ、晩年であり、今回のような騒ぎにはならなかった。

 大谷の年俸は、メジャーリーガー最低年俸の54万5千ドル(約5830万円)。大谷見たさに、ホームゲームはすでに二度の満員御礼。今月8日の日曜日には1998年の改修以降、デイゲームでは最多となる44742人のファンが、本拠地初登板を見るために詰めかけ、日本でも「エンゼルス」の名前が連日メディアで連呼される現象は続いている。

 29年前の「あの日」を知る人間としては、今回の大谷フィーバーには隔世の感を禁じ得ない。

【PROFILE】古内義明(ふるうち・よしあき)/立教大学法学部卒、同時に体育会野球部出身。1995年の野茂英雄以降、これまで二千試合を取材。著書に、『メジャーの流儀~イチローのヒット1本が615万円もする理由』(大和書房)など、14冊のメジャー書籍を執筆。(株)マスターズスポーツマネジメント代表取締役、テレビやラジオで高校野球からメジャーリーグまで多角的に分析する情報発信。立教大学では、「スポーツビジネス論~メジャーの1兆円ビジネス」の教鞭を執る。

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    家賃14000円 かぼちゃ物件の末路

    BLOGOS編集部

  2. 2

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  3. 3

    外国人比率75%の街が東京に出現

    NEWSポストセブン

  4. 4

    ローラの美尻 女性に革命起こす?

    女性自身

  5. 5

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  6. 6

    浮気バレる夫は「なんで」と返す

    PRESIDENT Online

  7. 7

    池上氏 議員定数増は公約と違う

    文春オンライン

  8. 8

    反安倍かシンパ 両極端な全国紙

    舛添要一

  9. 9

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  10. 10

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。