記事

賃金への満足度上昇、求職者割合は過去最低=NY連銀調査

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀の調査によると、労働者の賃金に対する満足度が上昇したほか、求職者の割合は過去最低を記録した。

調査は外部委託によりインターネット上で4カ月ごとに実施。それによると、3月時点で回答者の63.5%が労働報酬に満足していると回答し、前回11月時点(訂正)の59.9%から上昇した。また過去4週間で職探しをしたと答えた人の割合は18.1%と、前回の21.8%から改善、2014年初頭の統計開始以降で最低となった。

転職してもよいと考える年収は平均6万0274ドルと約1年ぶりに増加。前回は5万6858ドルだった。求人企業に対する希望年収も前回の4万9856ドルから5万2141ドルに増加した。一方、実際に提示されたフルタイム勤務の年収は5万6167ドルと、前回の5万9110ドルを下回った。

*第2段落の「10月時点」を「11月時点」に訂正しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    家賃14000円 かぼちゃ物件の末路

    BLOGOS編集部

  2. 2

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  3. 3

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  4. 4

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  5. 5

    反安倍かシンパ 両極端な全国紙

    舛添要一

  6. 6

    池上氏 議員定数増は公約と違う

    文春オンライン

  7. 7

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  8. 8

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  9. 9

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  10. 10

    「通勤に便利な家」を買うのはNG

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。