記事

賃金への満足度上昇、求職者割合は過去最低=NY連銀調査

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀の調査によると、労働者の賃金に対する満足度が上昇したほか、求職者の割合は過去最低を記録した。

調査は外部委託によりインターネット上で4カ月ごとに実施。それによると、3月時点で回答者の63.5%が労働報酬に満足していると回答し、前回11月時点(訂正)の59.9%から上昇した。また過去4週間で職探しをしたと答えた人の割合は18.1%と、前回の21.8%から改善、2014年初頭の統計開始以降で最低となった。

転職してもよいと考える年収は平均6万0274ドルと約1年ぶりに増加。前回は5万6858ドルだった。求人企業に対する希望年収も前回の4万9856ドルから5万2141ドルに増加した。一方、実際に提示されたフルタイム勤務の年収は5万6167ドルと、前回の5万9110ドルを下回った。

*第2段落の「10月時点」を「11月時点」に訂正しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  4. 4

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  5. 5

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  6. 6

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  8. 8

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  9. 9

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

  10. 10

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。