記事

パクリ放題のウェブ記事に中国ライターが戦いを挑んで起きたカオスな事件 「漫画村」問題は氷山の一角にすぎない - 安田 峰俊

1/2

 電子データ化した人気コミックを無料で公開することで、広告収入などの不当な利益を得てきたサイト『漫画村』の問題はご存知だろう。4月半ばになりサイトの閉鎖・移転や、政府によるプロバイダーへの接続遮断の呼びかけがなされるなど、風当たりが一気に強まっている。

パクリブログを運営していた社労士とのやりとり

 いっぽう、漫画村側は「これは違法ではない」と強弁し、サイト閉鎖後も挑発的な主張を続けているとされる。現状、こうした著作権侵害ビジネス(というか犯罪商売)は、侵害者側にとってそれほどリスクが大きくないという事実を痛感させる話だ。

 ところで私事となるが、本記事の筆者の私自身も、しばしば著作権侵害行為の被害者になっている。ルポライターである私は従来の雑誌や書籍の仕事に加えて、昨年からウェブ媒体への寄稿をかなり増やした。結果、電子データはコピペが簡単であるためなのか、自分の記事がネット上で大量に無断転載されるようになったのだ。

 今回の記事は、中国ライターなのに中国の話を書かずまことに恐縮である。しかし、昨今の漫画村問題は氷山の一角であり、パクリと無断転載に泣いている人間は、こういうジャンル(=中国記事)の書き手にまで及んでいるのだという事実を、この場を借りてぜひお伝えをしておきたいのだ。

 以下、なかでも特にひどかった例や笑える例をご紹介したうえで、当世のライターの権利と戦い方を考えてみることにしたい。

パクリ字幕を流すだけの「ネットのゴミ」

 まずは昨年11月上旬の話だ。このとき、私は「見渡せば死屍累々、中国「しくじりベンチャー」列伝」という記事を書いたのだが、毎度おなじみ、当然ながらあちこちに無断転載されることになった。

 全体的な傾向として、無断で転載されるケースが多いのは経済系と、外交・政治系の記事だ。前者はいわゆる意識高い系(になりたい系)、後者はネトウヨ系の人たちによって手がけられる例が多い。その主要なプラットフォームは、ひとつはブログ、もうひとつはYouTubeのテキスト動画である。

 テキスト動画とは、ウェブニュースの文章をコピーしてYouTube上で字幕で流すだけの動画。そこそこYouTubeを見る人ならば一度は目にしたことがあるはずだ。何の芸もない「ゴミ」と呼ばざるを得ない動画にもかかわらず、パクられる側としては異常に腹が立ってくるという困ったやつである。

 誰がこんなものを最後まで見るのかと思ってしまうが、実際のところ、アップする側も動画を最後まで見せたくて公開しているわけではないらしい。

 仄聞したところでは、どこかの情報商材(ネット上で有料で売買されるハウツー情報)が、在宅で苦労をすることなくお金を稼げる方法のひとつとして推奨しているとのことだ。

 すなわち、世間で話題のニュースや「中国のベンチャー」のような検索されやすい言葉をタイトルにした適当なテキスト動画(制作はめちゃくちゃ簡単だ)をYouTube上にアップしておけば、本当にその問題を調べている人がたまに間違えてクリックする。そのアクセスをお金に換えるという、セコすぎる真っ黒商売である。

 泡沫のように消費されていくウェブの原稿とはいえ、自分がそれなりに苦労した成果物をセコい人たちの商売に使われるのはたまらないものがある。

パクリブログを運営していた社労士

 というわけで、記事のパクりには実に腹が立つのだが、パクリ記事ブログやテキスト動画の制作者の連絡先はわかりづらく、通常は相手側の住所も本名も不明なので、法的手段に出るどころか警告文を送ることも簡単ではない。

 ……だが、世間にはたまにいるのである。本名や所属先を丸ごと公開したうえで、平気で全文コピペ記事を自分のブログで大量に公開し続けるような、無駄にアグレッシヴすぎる豪の者が。例えば先に挙げた私の中国ベンチャー記事については、なんと下記の画像のような猛者(以下、X氏)がいた。

 ブログを開いてみると、元記事のタイトルから写真のキャプションに至るまで、私が他の媒体に書いたはずの記事が一字一句違わずコピペされ、公開されている。さらにブログ内を確認すると、X氏本人が書いたと思しき記事や、社会保険労務士である彼の事務所の広告宣伝に混じって、『フォーブス』WEB版など他の複数のネット媒体からの完全コピペ記事がいくつも見つかった。

 大胆なことに、ブログのプロフィール欄にはX氏の本名や顔写真、事務所の住所・電話番号のほか、彼の生年月日や血液型まで掲載されている。それどころかブログの題名は『○○(※X氏の名前)オフィシャルブログ』。彼の社労士事務所の宣伝のために運用されているようだ。なお、X氏のまたの名は「成功哲学者」だそうである。

 彼が記事をアップしたのは2017年11月7日だった。おいおいちょっと待てというわけで、私は翌8日にツイッター上の彼のアカウントに事実関係を尋ねるツイートを送ったのだが、彼はこれを黙殺。ツイッターのタイムライン上に「これは『シェア』だ」といった内容の主張が投稿されていたうえ、ブログにはどうやら他のネット媒体からのコピペらしき記事が新規に投稿されていた。

 著作権侵害行為を開き直ることもいただけないが、なにより国家資格を取得した士業の人が、法律を平気で破っているのはもっといただけない。ツイッターでは相手にされなかったので、X氏のフェイスブックを探し当ててメッセージ機能を使って連絡を取ったところ、ようやく返信をもらえたのだが、「記事をシェアしただけ」といった主張をされて、やはり埒があかない。

 ぼちぼち腹が立ってきたのでネットを検索すると、旅行写真家の有賀正博氏のブログに「写真をパクられたら提訴して使用料をいただこう。 訴訟費用は意外に安価だよ」という興味深い記事を見つけた。

 よろしい、ならば私も自分の正当な権利を主張して、然るべき対価を請求して(正確には、そのプロセスを体験して)みよう。そこでX氏宛てに著作権法のリンクを貼り付けたいかつい文面のメッセージを送り、原稿料プラス割増金として、ハイスペックのスマホが1台買えるくらいの金額を請求することにした。

 結果としてなされたのは、以下の画像のようなやりとりである。

 成功哲学者にスマホ1台分の代金の支払いを請求したら、分割払いを求められた。読者各位は私が何を言っているのかよくわからないと思うが、私自身もよくわからない。私は中国ライターであって、ドコモショップ的なサービスには対応していないのである。

 X氏が言う分割払いをOKすると途中で踏み倒されて泣き寝入りになるパターンが目に見えていたので、断固として一括払いにしてほしいと言ったところ、返信が滞りがちになった。そのまま1ヶ月近く経ったので、ネット上でテンプレートを拾ってきて生まれて初めて内容証明郵便を送ってみたところ、10日ほど経ってから「ちょっと待ってほしい」といった連絡が来た。しかし、2月6日に最後の連絡があったきりで、X氏はそのままフェイドアウトしてしまった。

 このままだと、たぶん泣き寝入りになりそうな気配だ。当方の収穫は、当該のコピペ記事が削除されたことと、内容証明郵便は近所のショボい郵便局では受け付けてくれず、でかい局まで行く必要があって時間がもったいないとわかったことぐらいである。

あわせて読みたい

「著作権侵害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  2. 2

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  3. 3

    自民議員 ツイート批判受け謝罪

    長尾敬

  4. 4

    中国依存のドイツ気付けば窮状に

    ロイター

  5. 5

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  6. 6

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  7. 7

    「人生何度でもやり直せる」は嘘

    文春オンライン

  8. 8

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  9. 9

    Suica全国で利用可に 落とし穴も

    マイナビニュース

  10. 10

    テレ朝アナ「信頼は地に落ちた」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。