記事

“自慢モンスター”はコンプレックス強いので受け流しすべし


【“自慢モンスター”にはどう対処する?】

 新年度を迎え、新たな人間関係が始まった人も多いだろう。初めましての挨拶や歓迎会、お花見など、顔合わせイベントを一通り終えれば、いよいよ日常がスタートする。今まさに相手の“正体”に気づくタイミングだ。“いい人”の仮面を被っていた隣の席のあの人が、実は問題を起こしまくりの“モンスター”だった─―としたら、あなたはどうする?

 あらゆる種類のモンスターの中から、「不平不満モンスター」と「自慢モンスター」の被害例と対処法を新著『高学歴モンスター』(小学館)の著者で精神科医の片田珠美さんに解説してもらった。

 静岡県の45才主婦が出会ったのが、どんなにおいしいものを食べても「でも…」の不平不満モンスター。

 おいしくてお得と話題の980円ランチに行ったら「“でも”これって少ないよね」「“でも”ちょっとしょっぱいよね」と文句ばかりでうんざり。そのくせ平らげていた。

 自分のことは棚に上げ、時事問題から芸能ゴシップ、よその家庭事情まで、かたっぱしからダメ出しする習性がある。

「欲求不満で自分が満たされてないから、ダメ出しすることで自分の優位性を見せたい。このタイプには反論するだけ無駄。“問題のない人なんていないからね”と、かわしましょう」

 東京都・55才主婦が出会ったのが、SNSで競ってくる自慢モンスター。

 SNSに「庭に花が咲いたよ」と書くと、コメント欄に、「うちもお手入れが大変」と豪華な花壇と外車の写真を貼り付けてきた。

 コンプレックスが強く、不安を打ち消そうと自慢話をし続ける。なかには「タワマンの高層階ってエレベーターが遅くて不便」など、愚痴に見せかけて自慢するツワモノも。

「相手より優位に立つには、“自慢し続けないと!”と思っているんですね。自慢を仕返すとヒートアップするのでNG。大人になって“すごいね”と受け流してあげましょう」

※女性セブン2018年4月26日号

あわせて読みたい

「モンスターペアレント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

  10. 10

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。