記事

反町理氏のパワハラ疑惑「うやむやにされそう」とフジ関係者

image

「週刊文春」(文芸春秋)で過去のセクハラ疑惑を報じられ、4月に「スタートした報道番組「プライムニュース イブニング」のメインキャスターを降板した元NHKでフリーの登坂淳一アナウンサー(46)。15日放送の「ワイドナショー」に出演し、その発言内容が注目された。

放送直後から続々とネットニュースが上がり注目度の高さをうかがわせたが、同番組ではひっそりと“身内のスキャンダル”についての同局の見解が発表された。

そのスキャンダルとは、同局報道局解説委員の反町理氏(53)の部下2人に対するパワハラ疑惑。12日発売の週刊文春で報じられたもので、反町氏は登坂アナに代わって「プライムニュース イブニング」のメインキャスターをつとめている。

番組内でその件に話題が及ぶと、MCをつとめる山崎夕貴アナウンサー(30)が、「フジテレビとしましては、弊社が否定したことについてそのまま掲載するなど、事実誤認に基づく内容が多い記事であり対応を検討しております」と説明した。

「“被害者”の2人は、同誌やほかのメディアに対して事実関係を認めています。反論があるのなら女子アナにやらせないで、反町氏本人がやるべきとの声が上がっています。そうでもしないと視聴者は納得しないでしょう」(放送担当記者)

さらに週刊文春では、反町氏に代わり4月からBSフジ「プライムニュース」のメインキャスターに就任した同局報道局解説委員の松山俊行氏(49)の不倫疑惑も報道。松山氏は関係を持っていた女性に暴露されたが、15日の時点で釈明や謝罪には至っていない。

「宮内正喜社長直々に判断を下した報道番組の大改編だけに、局としては反町・松山両氏を守るしかないのでしょう。結局、このままうやむやにされそうです」(フジテレビ関係者)

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  5. 5

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。