記事

【読書感想】ブラッド・エルドレッド〜広島を愛し、広島に愛された男

1/2

ブラッド・エルドレッド~広島を愛し、広島に愛された男

ブラッド・エルドレッド~広島を愛し、広島に愛された男

内容紹介

広島在籍7シーズン目は歴代最長。

名実ともに最強助っ人の呼び声高いエルドレッド選手。

そのカープへの愛、広島の地への愛着は計り知れないものがあります。

解雇されるかもしれなかった来日2年目。

そこを乗り越えての本塁打王、

そして、リーグ優勝、2連覇……。

なぜ、エルドレッド選手は日本で成功することができたのか。

広島を愛し、広島に愛された男が、これまでの野球人生を振り返りつつ、

成功法則、カープ愛、そしてこれからの夢を綴ります。

目次

序章 37年ぶりの連覇達成

第1章 驚いた“野球"と“ベースボール"の違い

第2章 日本での素晴らしい仲間たち

第3章 広島でジャパニーズ・ドリームを掴むまで

第4章 エルドレッドの流儀

第5章 ぼくの未来について語ろう

野村謙二郎 特別寄稿

「なぜ、私は、“カントリー"を手放さなかったのか」

 広島の街をママチャリで走っている姿も、すっかりお馴染みになったブラッド・エルドレッド選手。カープに在籍7年目で、球団史上最長になるんですね。

 エルドレッドが来た当時のカープは、先発には頼りになるピッチャーが数人しかおらず、バッターもなかなか打てず、勝った試合のお立ち台は毎試合エルドレッド選手で、「他の打者は何をやってるんだ……」という感じでした。

 黒田さんと新井さんが戻ってきた翌年にリーグ優勝を成し遂げる2015年まで、四半世紀くらい、カープはずっと低迷してきたのですから、今の「セリーグを連覇したカープ」なんていうのは、「夢なら醒めないでくれ」という感じです。

 この本、エルドレッド選手からの「聞き書き」だと思われるのですが、彼の人柄の良さとともに、違う環境でうまくやっていくには、どうすれば良いのか、というヒントがたくさん詰まっている本だと思います。

 新外国人選手にアドバイスを求められたときには、いつも「常にオープンマインドでいろ! すべてを受け入れる気持ちを持とう」と伝えるようにしている。

 ぼくが日本に行くことが決まったとき、日本球界を経験したことのある選手から「『Why?』と言うな」というアドバイスをもらったんだけれど、実際、その通りだと思った。日本語では「なんで?」っていうんだよね。「なんで?」はやっぱり禁句かなと。

 たとえば、指示された練習メニューで、やる意味がわからないと感じても、「なんで?」と思う前にとりあえずトライしてみる。やる意味を探す前に、とりあえずなんでもやってみることが大切だと思う。

「とりあえずやってみる」精神は野球面のみならず、生活面にもそのまま応用できる。日本に来たばかりでお箸が仕えないなんて嘆く選手がときどきいるんだけど、そんな選手に限って、お箸を使う練習をしようともしない。「あれが食べられない、これが食べられない」と嘆く前に「Jusy try it」の精神で最低限のトライをしてみる。

 たしかに、異国の地で起こることは初めてのことだらけだし、文化も慣習も異なるので、わからないことや戸惑うことは多い。「なぜ?」と思うことに対して納得できるような説明が得られないことも多いしね。

 だからこそ、小さなことにいちいちこだわったり、気にしたりしないこと。「そこにあるものがすべて」と思うことが大切。異国の地では、前向きにトライできた者がやはり一番強い。

 これは野球選手だけでなく、きっと異国の地でがんばるビジネスマンにもそのまま応用できる考え方だと思う。

 ちなみに、日本の食べ物については、こう語っています。

 食べ物に関しては、そんなに執着がないほうだと思う。好き嫌いはあまりないし、強いこだわりもない。日本に来てから、これまでの人生で食べたことのないメニューにたくさん出会ってきたけど、食わず嫌いをせず、積極的にトライすることを心がけている。

 日本の食べ物で苦手なのはたこ焼きくらいかなぁ? 意外かもしれないけど、あのたこ焼きにかかってる甘めのソースが苦手でね……。無理すれば食べられないことはないんだけど、自分から好んで食べることはしないかな。

 あとはたいてい大丈夫。日本に来てから納豆にもトライしたよ。ぼくにとってはコーヒー豆を直接食べているみたいで、好きな味かと問われたら返答に困るけど、普通に食べることができるよ。

 でも、日本人だってみんな納豆の味が好きというわけじゃないよね? 以前、食堂で梵(英心)が納豆を食べていたから「ソヨギはそれを好きで食べてるのか?」って尋ねたところ「いや。特には。身体にいいから食べている」と返ってきたので「健康のために割り切って食べている人も多いはず」と自分の中で勝手に結論付けているんだ(笑)。

 僕はこのお好み焼きの話を読んで、この本に書いてあったことを思い出しました。

fujipon.hatenadiary.com

 たこ焼きを『中にタコが入っているから』という理由で拒絶する子どもたち(欧米人にとって「タコ」というのは、僕が思っているよりもずっとハードルが高い食べ物みたいです、たこ焼きのタコなんて、ほんのちょっと断片が入っているだけなのに)に、「お好み焼きなら食べてくれるんじゃないか?」と著者が美味しそうな店を厳選して勧めてみたところ「中身にいろんなものが入りすぎている」という理由で、やっぱり食べてくれなかった、という話が出てくるんですよ。

 納豆に比べたら、たこ焼きとかお好み焼きというのは、外国人にも食べやすいのではないか、というか、とくに苦手意識を持たれるような食べ物という感じはしないのですが、案外、苦手だと感じる人は多いのかもしれません。

あわせて読みたい

「広島東洋カープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  3. 3

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

  4. 4

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  5. 5

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  6. 6

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  7. 7

    小1死亡 エアコンつけぬ行政の愚

    永江一石

  8. 8

    外国人比率75%の街が東京に出現

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マナー欠如の中国人にタイが怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    マツコ「消去法で普通科」を批判

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。