記事

「3つのマインドセット」のコペルニクス的転換を!

180414banana

日本国内では最近、働き方革命がブームになっています。しかし、私は働き方だけではなく、人生デザインのマインドセットを今までの価値観から180度コペルニクス的転換させる必要があると思っています。

例えば、こんなマインドセットの転換です。

1.汗水垂らして、決まった時間に真面目に仕事する
→ できるだけ短時間で、好きな時間に、楽しみながら仕事する

仕事とは毎日決まった時間にオフィスに行って働くというライフスタイルが当たり前だと思っていませんか。しかし、今やできる限り時間と労力を使わないで仕事をし、決まった時間ではなく自分の好きな時間に、楽しみながら自由にやった方が、成果が出る人が増えてきています。

私の場合も、以前会社で仕事をしていた時よりも労働時間は半分以下に減りましたが、収入はそれに反比例するように増え、1ヵ月で以前の1年分の収入以上が稼げるようになりました。

自分の好きな時間に短時間仕事をする。楽しいと思える人とだけ、楽しいと思える仕事をする。その方が収入が増えるのは、世の中の仕組みが変われば、別に不思議なことではないのです。

2.仕事で稼ぐのは美徳だけど、投資で稼ぐのはあぶく銭
→ 仕事で自分が稼ぐより、投資でお金に稼いでもらう

労働による対価よりも、資産運用による収益の方が効率的に得られるというのは、日本だけではなく世界共通です。資産家がより資産を増やし、経済格差が広がっている原因の1つが、資産運用収益が労働収益を上回っているためです。

だから、仕事で成果を上げられなくても、自分の持っている資産に仕事をしてもらえば、仕事よりもっと大きな成果がもたらされます。しかし、そのためにはお金の勉強をしなければなりません。そんな知識を体系的に教えてくれる場所は、日本にはほとんど無いのです。

3.借金はしてはいけない
→ 投資のための借金は積極的に活用する

私も実は「借金=悪」という呪縛に長年囚われていた一人です。実は、借金には良い借金と悪い借金があります。投資のための借金は良い借金、消費のための借金は悪い借金です。

良い借金はした方が良い。これはお金にレバレッジをかけることができ効率的に資産を増やせること、そして将来のインフレリスクに備えることができるからです。

世の中が大きく変わる時代の節目で、今までの常識も変わっていきます。テクノロジーによって世界の価値観が大きく変わっていく中、我々の既存のマインドセットもリセットして、既成概念に囚われず、やるべきこと、やらざるべきことを変えていく必要があるのです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年4月14日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ライフハック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  4. 4

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  5. 5

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  6. 6

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  7. 7

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

  10. 10

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。