記事

国連決議なしに米英仏はシリア攻撃。批判するロシアもクリミアを併合。国連は機能不全。 - 4月14日のツイート

西部邁さんの自殺、合点がいかないことが多い。毒物(青酸化合物)を口に入れたという。彼は、他人に迷惑をかけるのを嫌う男だった。30年前に東大を辞めたのも、仲間の教授たちに苦労をかけたからだ。自殺幇助罪で逮捕者を出さずに自殺するには、入水せずに、自宅で一人で服毒するだろう。

トランプ大統領、シリアへの攻撃を命令。英仏軍とともに、攻撃を実施しているという。シリアは、攻撃対象となる基地から事前に要員を撤退させているが、アサド政権のみならず、ロシア、そしてイランの対応が気にかかる。日米首脳会談前に、日本抜きで決定。会談に過剰な期待を抱くなと言った通りだ。

自衛隊イラク日報に、「戦闘」という表現があるという。当時、私が現地に出張したときも、その表現に相応しい状況があった。憲法9条を改正しないで、無理な解釈と新法で切り抜けるという芸当を重ねた結果だ。9条2項も書き替え、「自衛と国際協力のために軍隊を保持する」と明記すべきだ。

米軍のシリア攻撃、化学兵器関連施設のみの限定的なもの。1年前と同じ。アサド独裁政権は安泰。これを見てほくそ笑んでいるのが金正恩。化学兵器を使っても、トランプは独裁体制を崩壊させない。核兵器も同じと、米朝首脳会談前に安心している。

わずか1年で、またシリアに化学兵器を使わせた(事実であることの証拠は公表されていないが)のは、アメリカの管首尾一貫しない政策だ。シリアからの米軍撤退の示唆は、アサド政権に誤ったシグナルを送る。トランプは、シリアをどうしたいのか。民主化は求めないのか。問題は北朝鮮に対しても同様だ。

森友加計問題で露呈した官僚の忖度、公文書改竄は官邸への権力集中の結果である。それは、小選挙区制がもたらしたものである。では、中選挙区制下ではどうだったのか。政治学講義の第31回目をブログにアップした。 https://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12368399965.html…

国連は第二次大戦の戦勝国が作った組織。シリアをめぐる米英仏露、皆そうだ。国連決議なしに米英仏はシリア攻撃。批判するロシアもクリミアを併合。国連は機能不全。敗戦国の日本が国連改革を唱えるべきだ。米国に追随するだけでなく、そのような世界史的議論を安倍・トランプ会談に望みたいのだが。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「米英仏シリア攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  3. 3

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

  4. 4

    外国人比率75%の街が東京に出現

    NEWSポストセブン

  5. 5

    小1死亡 エアコンつけぬ行政の愚

    永江一石

  6. 6

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  7. 7

    家賃14000円 かぼちゃ物件の末路

    BLOGOS編集部

  8. 8

    マツコ「消去法で普通科」を批判

    キャリコネニュース

  9. 9

    マナー欠如の中国人にタイが怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    池上氏 議員定数増は公約と違う

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。