記事

安倍訪米を台無しにしたトランプのシリア攻撃

 トランプは必ずシリア攻撃を行う。

 そう書いた私の予想が外れたと書いたばかりだ。

 こんどはその予想が外れて、ついにトランプがシリアを攻撃したというニュースが飛び込んできた。

 これがどのように米ロ関係や中東情勢に影響していくかはさすがの私も予想できないが、一つだけはっきりしている事がある。

 週明けから始まる安倍訪米が台無しになるということだ。

 下手をすればトランプの方から延期を言ってくることすらある。

 そうでなくても今度の首脳会談の議題にシリア問題が急浮上する事になる。

 安倍首相は急きょ対応を迫られる。

 安倍訪米成功のシナリオが狂う事になる。

 このシリア攻撃については、大手新聞はスルーしたが、さる4月13日の共同通信が極めて重要な記事を流していた。

 すなわち日本政府は12日、米軍が対シリア軍事攻撃に踏み切った場合、 シリアでの更なる化学兵器使用を阻止するためのやむを得ない行動とみて、「米国の決意を支持する」と表明する方針を固めた、と報じていた。

 果たして安倍首相はきょうにも記者会見を開いて、その通り、100%トランプの側に立つと発表するのだろうか。

 その事によって安倍首相とプーチンの関係や5月末の訪ロはどうなるのだろう。

 北朝鮮問題ではしごを外されてはたまらないと思って急きょ押しかける事にした今度の訪米だったが、直前のトランプのシリア攻撃でとんでもない事になりそうだ。

 すべては安倍外交の無能のなせる業である(了)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  5. 5

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  6. 6

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  7. 7

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  8. 8

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  9. 9

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  10. 10

    剛力彩芽 ZOZO社長と車中デート

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。