記事

米軍、シリア化学兵器施設への攻撃開始 英仏合同作戦

ドナルド・トランプ米大統領は東部時間13日午後9時(日本時間14日午前10時)、ホワイトハウスでテレビ演説を行い、シリア・アサド政権の「化学兵器施設」に対する局所攻撃を命じたと発表した。首都ダマスカス郊外東グータ・ドゥーマに対してシリア政府軍が化学兵器を使用したと疑われている攻撃に対応するもので、英仏軍との合同作戦が「すでに始まっている」と述べた。シリアの首都ダマスカス近郊で爆発発生の情報が出ている。

トランプ大統領はホワイトハウスで会見し、アサド政権の「化学兵器使用能力に関連する標的」への局所攻撃を命じたと述べた。さらに、「シリア政権が禁止されている化学物質の使用をやめるまで、我々はこの対応を持続する用意がある」と強調した。

大統領は、攻撃の目的は「化学兵器の製造・拡散・使用に対して強力な抑止力を確立すること」だと説明。アサド政権が「化学攻撃をエスカレート」させ、ドゥーマに対する化学攻撃で罪のない市民を「大虐殺した」と断定し、それを命じたバッシャール・アル・アサド大統領について、「人間のやることではない。むしろ、化け物による犯罪だ」と強い調子で糾弾した。さらに、「犯罪的」アサド政権を支援するイランとロシアを非難し、アサド政権が化学攻撃を繰り返しているのは、ロシアがそれを容認しているからだと非難した。

トランプ氏は、イランとロシアに対して、「罪のない男性や女性や子供の大虐殺に関与したいというのは、いったいどのような国なのか」と問いただした。

大統領発表に続き、ジェイムズ・マティス国防長官たちが国防総省で記者会見し、3つの標的を爆撃したと説明した。

  • ダマスカスの科学研究施設(生物化学兵器の製造に関わるとみられる)
  • ホムス西部の化学兵器保管施設
  • ホムス近くの化学兵器材料保管・主要司令拠点

シリア国営テレビは、政府軍は10基以上のミサイルを迎撃したと伝えた。

マティス長官は記者団に、撃墜された報告はないと述べた。

長官は、攻撃の第一波は終了したと述べ、「今のところ、これは一度限りの攻撃で、非常に強力なメッセージを相手に伝えたと思っている」と述べた。

テリーザ・メイ英首相は英軍が参加していることを確認し、「武力行使に代わる実用的な代替案がなかった」と述べた。一方で首相は、英米仏連合による攻撃は、アサド政権の「政権交代」を目指したものではないと慎重な姿勢を示した。

英国防省は、ホムス近くの軍事施設を、英トルネード戦闘機4機が空爆したと明らかにした。対象の施設は、化学兵器製造の材料を保管していたと考えられている。

エマニュエル・マクロン仏大統領も、仏軍の作戦参加を認めた。

BBC外報プロデューサーのリアム・ダラティは、「ダマスカスからの映像に、対空ミサイルが発射される様子が映っている」とツイートした。

https://twitter.com/Dalatrm/status/984968585859739648

シリアは、ドゥーマを化学兵器で攻撃した事実はないと否定している。ロシアは、欧米諸国が軍事行動に出れば、戦争が始まるおそれがあると警告していた。

ドゥーマの住民や医療関係者、複数の支援団体は、7日の攻撃の結果、化学兵器の使用が疑われる症状で500人以上が治療施設に運ばれ、数十人が死亡したと主張している。

米政府関係者はロイター通信に対して、トマホーク巡航ミサイルがシリア国内の複数の標的に使われていると述べた。同通信はさらに、ダマスカスにいる目撃者が「少なくとも6回の大きな爆発」が聞こえたと話していると伝えた。

シリア国営テレビも、ダマスカスへの爆撃があったと伝えた。国の防空システムが発動しているという。

ロンドンにある民間団体「シリア人権監視団」も、複数の軍事施設のほか、ダマスカスにあるシリア科学研究施設が爆撃されたと話している。

(英語記事 US and allies launch strikes on Syria chemical weapons sites

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  2. 2

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  3. 3

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  5. 5

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  6. 6

    「イケメンはセクハラOK」の誤り

    ニャート

  7. 7

    安倍3選 麻生氏辞任なら確率ゼロ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    中国依存のドイツ気付けば窮状に

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  10. 10

    テレ朝セクハラ被害会見は保身か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。