記事

首相案件のどこが悪いのか?

今回の首相案件問題は何となく、色々な要素が混在し、いいこともまずいこともごちゃ混ぜに論じられている気がします。

民間でも社長関係者の案件は、社長案件というでしょうし、団体でも理事長案件とかの言葉はごく普通に使われていると思います。
これを忖度云々の次元だけで論じるのは無理があるのではないでしょうか?

おそらく県庁でも、知事案件という言葉が使われていることでしょう。誰の案件だろうと、そこに不当・不正な意向が働いたらアウトなわけですが、官僚が、首相案件と言ったとして、それがどれだけ問題なのでしょうか?

大臣案件だろうが、社長案件だろうが、おそらく、一般案件との一番大きな違いは、ダメな場合の説明責任(あるいはOKの場合でも、ステークホルダーに対する説明責任)が、より丁寧にしなければならないということでしょう。

首相案件という言葉が使われた段階で、官僚が首相に忖度して、本来ダメなものをOKにするというのならもちろん大問題ですが、そう決めつけること自体、あまりにも日本国の官僚を馬鹿にしていると思います。

私も一昔前、議員秘書をしていましたが、陳情でも、依頼者が超有力者であったり、著名な大物だったりすると、対応というか処理が慎重かつ丁寧になったことは事実ですが、ダメなものはダメに変わりはありません。
期待に応えられなかった場合の丁寧な断り方を先輩から教わったものです。

こんなことが続いていると日本が世界に誇る官僚制度も長く持たないかもしれません。

大事なことは総理が、有無を言わせず”やれ!”と官僚に指示した事実があるか否かだけのことです。まあ社長案件の場合はそうしたケースも少なくないでしょうが。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    サムスン 営業利益5兆円超のワケ

    片山 修

  10. 10

    ゲーム没頭する子供にすべきこと

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。