記事

「記憶にない」ではもはやかわせない

加計学園問題で、愛媛県等の地元行政関係者と学園関係者が、柳瀬総理補佐官(当時)と会ったとされる件について、今日、この面会の出席者のひとりが報道に対して「首相案件」という柳瀬秘書官の発言は確かにあったと述べたとのこと。

報道にもこのような証言が出てくるに至っては、事の信ぴょう性は非常に高まってきます。

そんな中、柳瀬氏は「記憶にない」という言葉だけでしのぎきれると思っているのだろうか。

「記憶にない」という答弁は便利なようで、そうでもありません。それを覆すような、周辺の情報が出てくればくるほど、「本当か?」「覚えていないわけないだろう?」となります。

「記憶にない」は役人答弁の最たるもの。しかし、それではかわせない状況になってきています。安倍総理は、柳瀬氏を信じると言っていますが、それが通用しない状況になってきていることを認識すべきです。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  3. 3

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  4. 4

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

  5. 5

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    米関税免除の代償に苦しむ韓国

    ロイター

  8. 8

    企業の人手不足 IT業界は7割超に

    MONEYzine

  9. 9

    安倍首相は圧勝? 新聞各社の思惑

    深谷隆司

  10. 10

    総裁選は文句なく安倍首相の圧勝

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。