記事

「記憶にない」ではもはやかわせない

加計学園問題で、愛媛県等の地元行政関係者と学園関係者が、柳瀬総理補佐官(当時)と会ったとされる件について、今日、この面会の出席者のひとりが報道に対して「首相案件」という柳瀬秘書官の発言は確かにあったと述べたとのこと。

報道にもこのような証言が出てくるに至っては、事の信ぴょう性は非常に高まってきます。

そんな中、柳瀬氏は「記憶にない」という言葉だけでしのぎきれると思っているのだろうか。

「記憶にない」という答弁は便利なようで、そうでもありません。それを覆すような、周辺の情報が出てくればくるほど、「本当か?」「覚えていないわけないだろう?」となります。

「記憶にない」は役人答弁の最たるもの。しかし、それではかわせない状況になってきています。安倍総理は、柳瀬氏を信じると言っていますが、それが通用しない状況になってきていることを認識すべきです。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  2. 2

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  3. 3

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  5. 5

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  6. 6

    「イケメンはセクハラOK」の誤り

    ニャート

  7. 7

    安倍3選 麻生氏辞任なら確率ゼロ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    中国依存のドイツ気付けば窮状に

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  10. 10

    テレ朝セクハラ被害会見は保身か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。