記事

加計面会記録に「首相案件」

学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡って、愛媛県の職員が、2015年4月に官邸を訪れ、国家戦略特区担当だった柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した際のやりとりを記した文書に、柳瀬氏が「本件は首相案件」と述べたという記載があったことが、昨日10日、わかりました。

また、安倍首相と学園の加計理事長が会食して計画について話しを交わしたとうかがえる記述もあった、と報じられています。

これは、中村時広愛媛県知事が、文書について記者会見を開き、職員が報告するための備忘録として作成したことを認めました。

中村知事によると、2015年4月2日に首相官邸を訪問した職員と上司計4人に聞き取り調査をしたところ、そのうちの1人が文書について、「自分が書いたもの」と認め、「(知事への)口頭報告のために作ったメモ」と認めた、とのこと。

知事は、「職員が文書をいじる必然性は全くない。全面的に信頼している。」と述べていて、その通りで、信用できるものだと思います。

この面会で、「本件は、首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式ヒアリングを受けるという形で進めていただきたい」と発言したと記録されていますが、柳瀬氏は、「会った記憶はない」と国会でくり返し答弁していて、昨日も否定しています。

もし本当に会っていないなら「記憶はない」という表現ではなく「会っていない」とはっきり述べればよいのに、やはり逃げをうっていると思わざるを得ません。

この文書によると、加計ありきで、丁寧にアドバイスしているようで、京都からの申請など他の案件には、このようにはしていないので、特別だったことがうかがわれます。

また、安倍首相は、特区の申請の会議で初めて知ったと答弁していますが、会食で加計理事長と話していたなら、虚偽答弁になります。

この加計問題についても、柳瀬氏の証人喚問など、できることをして、事実を明らかにしてほしいものです。

財務省の公文書改ざん、防衛省での日報の問題、など、日替わりで疑惑が出ていて、安倍政権の責任が問われると思います。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  2. 2

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  3. 3

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  4. 4

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

  5. 5

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  8. 8

    米関税免除の代償に苦しむ韓国

    ロイター

  9. 9

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  10. 10

    企業の人手不足 IT業界は7割超に

    MONEYzine

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。