記事

金正恩氏「禁煙にどうしても失敗」の動かぬ証拠

タバコを指にはさんだ金正恩氏(朝鮮中央通信)

北朝鮮の金正恩党委員長が、ヘビースモーカーであることはよく知られている。李雪主(リ・ソルチュ)夫人からも禁煙を勧められているようだが、やっぱりやめられないようだ。北朝鮮の最高指導者として抱えざるをえないストレスに加え、彼自身の「意志の弱さ」ゆえでもあるのだろう。

トイレにストレス

朝日新聞によると、先月5日に韓国特使団が訪朝し金正恩氏と会食した際、韓国側の鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長が、正恩氏に「たばこは体に悪いので、おやめになったらどうですか」と勧めたという。

韓国特使団との会食の場では吸っていなかったようだが、金正恩氏がタバコを指にはさんでいる姿を撮った写真は、北朝鮮メディアが何度も報じている。それも、火気厳禁の化学工場や教育現場など、常識的に考えて吸ってはならない場所であろうと所構わずタバコを手にしている。

儒教的な観点からすれば非難の的になりかねないにも関わらず、金正恩氏は祖父ぐらいの年齢差がある老幹部の前でも平気でタバコを吸う。それは「最高指導者たる者は誰の前でもどこの場所でもタバコを吸える」とアピールするため、さらには独裁者ゆえに抱える特有のストレスを解消させるためでもあるだろう。金正恩氏は北朝鮮国内にいる限り、やりたい放題の独裁者だ。それでも、普通の人と同じトイレを使用できない事情などもあり、多大なストレスを抱えている。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

金正恩氏は先月25日から初の外遊として中国を訪問。習近平国家主席と初の首脳会談を行ったが、移動はもちろん専用トイレ付きの特別列車だった。さらに、トイレの「代用品」が載せられていると噂されている専用ベンツまで持ち込んだと見られる。

そんな金正恩氏にも禁煙の意志はあるようだ。昨年5月には胸に禁煙補助用のパッチ、つまり「ニコチンパッチ」を胸に貼った写真が確認されている。つまりは禁煙の努力はしてみたけど、やっぱりダメだった、ということだ。

(参考記事:金正恩氏が「胸チラ」で禁煙をアピールする理由

鄭室長はこうした事情を踏まえて、金正恩氏に禁煙を勧めてみたのだろう。その裏には単なる親切心や気遣いだけでなく、意外な助言に対して金正恩氏がどのような反応を示すのかという、人格分析の狙いがあったのかもしれない。本人だけでなく、周囲の反応も含めてだ。

朝日新聞によると、同席していた金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長は鄭氏の助言に凍り付いたという。それもそうだろう。金正恩氏がこれまで意にそぐわない人物や、ミスを犯した人間を無慈悲に処刑してきたことは金英哲氏もよく知っている。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導

金英哲氏は、北朝鮮国内ではありえない鄭氏の助言に対して焦ると同時に、どう対応していいのかわからなかったのだろう。一方、同席していた李雪主夫人は機転の利いた対応をしたようだ。

李雪主夫人は「いつもたばこをやめて欲しいと頼んでいるが、言うことを聞いてくれない」と手をたたきながら喜び、その場を和ませたという。金正恩氏に対して鄭氏のように助言できるのは実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏、または李雪主夫人ぐらいだろう。ファーストレディーとしての面目躍如といったところか。

金正恩氏の喫煙問題そのものは些細なエピソードに過ぎない。しかしこうした事実からも、金正恩氏のパーソナリティや精神状態、周囲との関係などをうかがい知ることが出来るわけだ。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  2. 2

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  4. 4

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  5. 5

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  6. 6

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  7. 7

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  8. 8

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  9. 9

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  10. 10

    プライムデー Amazon製品半額も

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。