記事

年会費13万円のクレジットカードを保有する理由


180412diners2

あるクレジットカードが発行するプレミアムカードのインビテーション(招待状)を手に入れることができました(写真)。

こちらのインビテーションは、一般にはまったく募集をしておらず、クレジットカード会社の専任の担当者から直接受け取る仕組みになっています。

発行しているカード会社は、世界で初めてクレジットカードを発明したステータスの高いカードを発行しています。このプレミアムカードは、通常のカードの上位バージョンになります。年会費は、何と13万円。価格だけを見ると、何ともバブリーで割高なカードのように思えますが、ある程度カードの利用額がある人にとっては、大きなメリットがあるクレジットカードなのです。

コンシェルジュサービスや、特別なレストランの割引、ラウンジの無料利用など、様々な特典が付いていますが、1番のメリットは高いポイントの付与率です。

通常、100円で1ポイントのところ、このカードは100円で2ポイントついてくるのです。通常の2倍になります。

ポイントは航空会社のマイルに交換することができます。例えば、年間のカード利用額が、400万円あれば8万ポイントになりますから、ANAなどの指定された航空会社で80000マイル入手できます。

マイルの価値は、シーズンにもよりますが、例えば1マイル2円相当とすれば、ポイントで16万円分の航空券が手に入ることになります。1マイル3円なら24万円相当になります。

私は、毎日のコンビニの支払いだけではなく、仕事上の経費にも出来る限りカードを使っています。さらに今後、税金もカードで支払うことができれば、年間の利用額は 1000万円を超えてくるはずです(ただし税金の支払いの場合は計算方法が変わってきます)。

そうなれば、このような高額のカードも利用価値があるのではないかと考えました。

せっかくの機会なので、申し込んでみようと思います。

クレジットカードは、年会費だけで考えるのではなく、メリットと価格との比較から判断するのが賢明です。その人にとって「価値>価格」であれば、例え高額の年会費を払っても、割に合うクレジットカードが存在するのです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年4月12日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「クレジットカード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  2. 2

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝のセクハラ報道却下に衝撃

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  5. 5

    米山知事の援交問題に刑事罰なし

    AbemaTIMES

  6. 6

    高畑淳子「世の中全部恨んでる」

    女性自身

  7. 7

    福田次官問題 テレ朝もパワハラ

    小林よしのり

  8. 8

    女性問題叩きは大物の不在を生む

    文春オンライン

  9. 9

    民進議員 6党での審議拒否に疑問

    櫻井充

  10. 10

    自衛隊内の議員敵視派を調査せよ

    水口洋介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。