記事

新家電ECサイト「楽天ビック」がスタート、何が実現するか

1 楽天ビックで実現すること

楽天は11日、ビックカメラと家電領域における新サービスを共同で開始した。楽天市場に家電ECサイトの「楽天ビック」を新たに開設、共同サービスは両社の強みを活かし、互いにメリットのあるものとなりそうだ。

楽天ビックがスタート。記者会見に臨んだ楽天の三木谷浩史会長兼社長(写真左)とビックカメラの宮嶋宏幸社長

楽天ビックはなぜできたか

楽天とビックカメラの協業により誕生したのが「楽天ビック」だ。ネットショップを使った家電購入の課題を解消し、両社の強みを生かすことでサービス向上を図ったのが大きな特徴だ。

楽天が調査したところによれば、約8割の人がネットでの家電購入を断念した経験があるという。断念した理由は「実際に見て購入したい」「配送設置に不安があった」が挙げられ、これらが機会損失につながっていたわけだ。

楽天調査によるECサイト利用時の断念の理由

こうしたニーズを汲み取り、サービスとして反映させたのが楽天ビックだ。ビックカメラの実店舗45店(アウトレット店を含む)の商品在庫を確認できる機能を楽天ビックで実現、今後は家電購入から設置工事までをスムーズに依頼できるサイトの構築も進めていく。

楽天ビックトップページ。

商品在庫の確認機能も実装

利便性の向上はこればかりではない。ビックカメラの実店舗において、楽天ポイントカードを導入し、楽天スーパーポイントとビックポイントのいずれかを選択してポイント溜められるようにした。先々も、楽天ポイントによる支払いの実現(6月中旬を予定)ほか、東京23区において、購入商品の当日配送の実現(今夏を予定)も目指す。ビックカメラ実店舗での商品の受け渡しも行ない、来店時のついで買いにも期待しているようだ。

2 双方のメリットは?

楽天とビックカメラ双方のメリットは?

楽天ビックは、両社にメリットがある取組みだ。ビックカメラは、サービスの向上により、(楽天会員である)女性客の利用促進と実店舗への来店を期待しており、楽天はビックカメラ実店舗あがる購買データも利用可能になる。

さらには、こうしたオンラインとオフラインを連携させたサービスばかりではなく、女性や若年層を対象にした独自商品の開発も進めていく。楽天の会員基盤からの市場全体の嗜好、ビックカメラが把握する家電に対してのユーザーの嗜好を考慮した新たな製品の登場が期待されるわけだ。

独自商品としては第一弾として、ビックカメラグループ専売モデルのVRヘッドマウントディスプレイを楽天ビックで販売していく考えだ。

しかし、気がかりなこともある。それは、ビックカメラ実店舗における楽天スーパーポイントの付与率が低いことだ。実店舗でのポイント付与率は、楽天が5%、ビックカメラは基本10%となる。

4月20日まではキャンペーンの実施により、楽天も最大10%付与となるものの、一時的なものに過ぎない。オフラインとオンラインをつなぐ施策は大きな効果を発揮しそうだが、一方で、ポイント付与率の差はどう影響を及ぼすのかが気になるところだ。ビックカメラ実店舗への女性客の誘導は素直に実現するだろうか。もうひとつ、ウェブと実店舗での販売価格に差が生じているものもあるようで、このあたりの是正も求められそうだ。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

あわせて読みたい

「楽天」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  8. 8

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  9. 9

    サウジ記者 遺体解体する音声も

    WEDGE Infinity

  10. 10

    石破茂氏 自民党の改憲案に疑問

    石破茂

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。