記事

貴乃花親方を待ち受ける「第2の大鵬」の悲劇


【人気と実力を兼ね備えた大横綱・大鵬の二の舞か(時事通信フォト)】

 4月1日に始まった大相撲春巡業は、前売りチケットが完売するなど盛況が続いている。ただ、そこに貴乃花親方の姿はない。「5階級降格」という屈辱を味わった“平成の大横綱”。その姿に、「理事長になれなかった“昭和の大横綱”」を重ねる角界関係者は少なくない。

 著しい功績のあった横綱にのみ、引退後も親方として現役時代の四股名を名乗り続けることが認められる。それが「一代年寄」だ。

 2003年に30歳で引退した貴乃花親方は大鵬、北の湖(ともに故人)に続く3人目の一代年寄となった。

 ただ、昨年11月に発覚した元日馬富士による暴行事件を機に、協会内での立場は大きく変わった。親方衆の“トップ10”にあたる「理事」から、最も低い階級の「年寄」まで降格された。

 さらには、盛況が続く春巡業からも“排除”された。3月末、新たな職務分掌が決まり、貴乃花親方は審判部に配された。

「地方巡業に帯同する審判部の親方衆は“各一門から1人ずつ”というのが慣例。今回、貴乃花一門から審判部に配されたのは、審判部長の阿武松親方(元関脇・益荒雄)を除くと貴乃花親方だけ。にもかかわらず、協会は、“暴行を受けた力士らのケア”を理由に巡業に帯同させなかった。

 新たに巡業部長になった春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が、現役時代の実績も人気も圧倒的に上の貴乃花親方と同じ場に出ることを嫌がったということでしょう。ファンの目は当然、貴乃花親方に向きますからね。貴乃花親方は再スタートをアピールする機会を奪われた」(協会関係者)

 そうした動きを見て、古くからの後援会関係者の一人は「このままでは貴乃花が“第2の大鵬”になってしまう……」と呟いた。

◆「理事長にはさせない」

 初の一代年寄となった第48代横綱・大鵬は、優勝回数32回(史上2位)。人気も実力もある大横綱だった。引退後も親方として“角界の顔”になるとみられていたが、大鵬が理事長の椅子に座ることはなかった。

「審判副部長だった36歳の時に脳梗塞を発症して左半身に軽いマヒが残り、“本場所の土俵で優勝賜杯を渡す理事長職は難しいから”と表向きいわれてきたが、実際は違う。一門内、協会内での勢力争いに敗れたのです」(前出の後援会関係者)

 大鵬が引退した1971年当時、所属する二所ノ関一門には2人の理事がいた。1人は大鵬の師匠である二所ノ関親方(元大関・佐賀ノ花)。もう1人は初代・若乃花(1962年に引退して当時は二子山親方)を育てた花籠親方(元前頭・大ノ海)だ。部屋の所在地から二所ノ関親方のグループは“両国勢”、花籠親方を中心とする親方衆は“阿佐ヶ谷勢”と呼ばれた。

 そうしたなかで、1975年に大鵬の師匠だった二所ノ関親方が亡くなる。

「一門内で候補を調整し、理事選は無投票が当たり前だった時代。二所ノ関一門の後継理事選びで、当初は“両国勢”から大鵬親方が選ばれるとみられていた。だが、翌1976年の理事選の時点で35歳とまだ若かったことに加え、“阿佐ヶ谷勢”が横綱・輪島、大関・貴ノ花、魁傑ら人気力士を数多く輩出して勢いづいていたこともあり、二子山親方が理事に選ばれた。大鵬親方は役員待遇への昇進にとどまり、その翌年、脳梗塞で倒れたのです」(ベテラン記者)

 以後、理事になった二子山親方は“栃若”として一時代を築いたライバルだった春日野理事長(元横綱・栃錦)とタッグを組み、主流派を占めていく。

「二子山親方の対抗馬と目された大鵬親方は、1980年に理事になったものの、“その先”の芽はなくなっていった。そもそも、理事長職は最大派閥・出羽海一門から選出するのが伝統。1988年に出羽海一門の春日野理事長から禅譲されて理事長となった二子山親方も、2期務めたあとに出羽海理事長(元横綱・佐田の山)に“大政奉還”している。大鵬親方が入り込む余地はなかった。その胸中には“最初に一門内の調整に従ったのが間違いだった”という思いがあったはず」(同前)

◆温存される「一門支配」

 2010年の理事選で、当時37歳の貴乃花親方は二所ノ関一門内の事前調整に従わず、立候補を強行した。

「この時、背中を押したのが大鵬さんだった。貴乃花親方の兄弟子である大嶽親方(当時、元関脇・貴闘力)が大鵬さんの娘婿ということもあったし、“自らの無念を晴らしてほしい”という気持ちもあったと思う」(前出の後援会関係者)

 だが、貴乃花親方には今後、厳しい局面が続く。

「高砂一門の八角理事長(元横綱・北勝海)も、“つなぎ”の理事長です。ゆくゆくは、出羽海一門の藤島親方(元大関・武双山)に理事長職を譲るのが既定路線とされる。貴乃花親方は、理事長はおろか理事にも戻れない可能性もある」(前出の協会関係者)

 昭和の大横綱は“一門制度という旧弊の改革”を平成の大横綱に託した。だが、その道もまた、閉ざされようとしている。

※週刊ポスト2018年4月20日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  2. 2

    「予約やめて」食べログの裏事情

    内藤忍

  3. 3

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  4. 4

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  5. 5

    エアコン我慢には何の価値もない

    赤木智弘

  6. 6

    小池氏が川上量生氏の疑惑関与か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  8. 8

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  9. 9

    Amazonの意外なベストセラー食品

    後藤文俊

  10. 10

    子どもの車内放置 親へ忖度不要

    岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。