記事

職業倫理を持たぬ人たち

文藝春秋5月号に「自殺・財務省職員父親の手記」という記事が載っている。
「息子は改ざんを許せなかった」とあるので、これを読みたくて買った。

ところがこの記事に対して遺族が抗議しているというのだ。
この手記を父親が書いていないと言っている。
父親は文春記者に息子を亡くした思いを話したが、「手記」として載るとは聞いていなかったという。

なんだよ、それは。
インタビューに答えたものを「手記」として載せていいのかよ。
ライターが「盛って」書いてる可能性もあるから、信憑性に疑問が生まれるじゃないか。
月刊文春も週刊文春も、「手記」と題された文章の信憑性はかなり疑わしい。

「手記」の方が生々しく感じるから売れるのだろうが、「手記」じゃないものを「手記」としてまとめると、インタビューよりライターが操作できるので危険である。

最近のライターのレベルは酷くて、インタビューにせよ、対談・鼎談のまとめにせよ、すごくヘタクソで、テープ起こしのまんまだったりする。
あとで修正に手間がかかるから、わしはインタビューにも対談にもできれば応じたくない。
文章化されるときに、全然納得できないのだ。
みんな職業倫理というものを持ってないんだろうな。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  4. 4

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  5. 5

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  6. 6

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  8. 8

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  9. 9

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

  10. 10

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。