記事

職業倫理を持たぬ人たち

文藝春秋5月号に「自殺・財務省職員父親の手記」という記事が載っている。
「息子は改ざんを許せなかった」とあるので、これを読みたくて買った。

ところがこの記事に対して遺族が抗議しているというのだ。
この手記を父親が書いていないと言っている。
父親は文春記者に息子を亡くした思いを話したが、「手記」として載るとは聞いていなかったという。

なんだよ、それは。
インタビューに答えたものを「手記」として載せていいのかよ。
ライターが「盛って」書いてる可能性もあるから、信憑性に疑問が生まれるじゃないか。
月刊文春も週刊文春も、「手記」と題された文章の信憑性はかなり疑わしい。

「手記」の方が生々しく感じるから売れるのだろうが、「手記」じゃないものを「手記」としてまとめると、インタビューよりライターが操作できるので危険である。

最近のライターのレベルは酷くて、インタビューにせよ、対談・鼎談のまとめにせよ、すごくヘタクソで、テープ起こしのまんまだったりする。
あとで修正に手間がかかるから、わしはインタビューにも対談にもできれば応じたくない。
文章化されるときに、全然納得できないのだ。
みんな職業倫理というものを持ってないんだろうな。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    家賃14000円 かぼちゃ物件の末路

    BLOGOS編集部

  2. 2

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  3. 3

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  4. 4

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  5. 5

    反安倍かシンパ 両極端な全国紙

    舛添要一

  6. 6

    池上氏 議員定数増は公約と違う

    文春オンライン

  7. 7

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  8. 8

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  9. 9

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  10. 10

    「通勤に便利な家」を買うのはNG

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。