記事

4月11日(水) ムネオ日記

 加計文書に「首相案件と元総理秘書官が言った」というメモが愛媛県職員が備忘録としてあったと知事が会見で述べている。

 読売新聞1面で「知事によると備忘録は公文書に当たらず『保管義務がない』としてすでに廃棄している。10日の段階では文書やデータも確認されていないという。朝日新聞は10日朝刊で問題の文書に柳瀬氏が『本件は首相案件』と述べたと記されているなどと報じた。職員は『自分の文書です』と認めたという。しかし知事は、職員が柳瀬氏と面会したかどうかについて『相手先のことはコメントできない』と言及を避けた」と記事になっている。

 昨年来、野党は「忖度」という表現をしてきたが、日本では忖度とは「気を遣う、気配り、思いやり」の意味で使われてきたのではないか。

 官僚は政治家を忖度するのは当たり前で、政治家も官僚を忖度していることも事実でないか。

 忖度が何か悪い考え、判断のように使われていることは正しくない。言葉の意味、重みを正確に使ってほしいものである。

 発言メモが出てきたことに関し、立憲民主党の辻元国対委員長は「官邸は疑惑の館だ」とインタビューで述べているが、「またか」という思いである。

 辻元氏は17年前、私の証人喚問で「あなたは疑惑の総合デパート、いや、総合商社です」と決め付けてきた。しかし辻元氏の指摘したことで私は事件になったものはない。

この質問をしていた時、なんと辻元さんは国民の尊い汗と涙の税金を2500万円も詐欺していたのである。

 今日も「辻元氏が言い過ぎともいえるメディアの受けのフレーズを使っていることに違和感を覚えます」と言った声が私の元には寄せられた。私も同感である。

 17年前のご自身の経験を「忖度」しないことに驚きである。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  4. 4

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。