記事

音楽業界が16.5%の二桁成長したアメリカは、いかに「音楽ストリーミングの国」として成功したか?

1/3

アメリカの音楽業界を代表する業界団体の全米レコード協会(RIAA)が2017年のアメリカ国内の音楽市場レポートを発表し、小売市場規模は前年比16.5%増加し87億ドル(約9300億円)となり2年連続のプラス成長を達成し、10年前の2008年の市場規模までようやく回復しました。

アメリカで音楽市場が2年続けて成長し続けるのは、1999年以来初めてです。

小売市場と同じく、卸売市場の売上高は59億ドル(約6300億円)、12.6%のプラス成長を達成しました。

音楽市場の成長を考える時、「音楽ストリーミング」の議論を外すことはできませんが、ただ「音楽を配信する」だけでは市場全体の変化を促進することは不可能。音楽業界がストリーミングに対してどのように変化したか、発表されたレポートを詳細に見ていきたいと思います。

音楽ストリーミングを成功させた国、アメリカ

コンテンツ
1 音楽ストリーミングを成功させた国、アメリカ
2 業界から起こす音楽ストリーミングへのパラダイムシフト
3 ビジネスモデルを進化させたアメリカが音楽ストリーミングで勝利した
4 音楽チャートの音楽ストリーミング合算
5 YouTubeの「バリューギャップ」問題
6 アメリカが音楽ストリーミング時代のグローバルスタンダードへ


音楽ストリーミングの普及は誰もが認めるところですが、今やアメリカの音楽市場で売上の約2/3を占める最大の収益モデルとなり、引き続き低迷するCDなどフィジカル音楽とiTunesなどダウンロードの売上低下を補っています。売上高も成長の勢いを維持したまま前年比43%アップし57億ドル(約6000億円)で、音楽市場のシェアは65%まで拡大しました(2016年は51.4%)。



CDやアナログ・レコードなどフィジカル音楽市場の売上は4%減少で15億ドル(約1600億円)、市場シェアは21.8%から17%に低下。アナログレコード市場は好調な業績をまたしても達成し、10%増加の3億9500万ドル(約422億円)に成長を続け明るい話題となっています。

iTunesストアなど音楽ダウンロードの落ち込みはさらに酷く、25%減少で13億ドル(約1390億円)、市場シェアは24.1%から15%まで低下しています。トラックダウンロードは25%減少、アルバムダウンロードは24%減少しました。

特に音楽ダウンロードの業績低迷は深刻で、2011年以降初めて音楽ダウンロードの年間売上をフィジカルが上回るという事態にまで発展しました。「デジタル音楽」のカテゴリーでも、音楽ストリーミングと音楽ダウンロードの立場はわずか数年で逆転してしまい、ダウンロードの売上低迷が市場全体の足を引っ張る形となってしまっています。

2010年代に入り、いつのまにかアメリカは「音楽ストリーミング大国」となり、音楽ストリーミングが新たな音楽ビジネスの主役であることを巨額の売上という実績で示すまで成長していたのです。



業界から起こす音楽ストリーミングへのパラダイムシフト

ここで注目すべきは、アメリカがいかにして「音楽ストリーミング」を市場に浸透させたかで、その背景には音楽業界各社が収益構造モデルをCD・ダウンロードのビジネスから音楽ストリーミング中心の新しいビジネスへシフトしたことが市場全体の成長に直結していることです。

定額制音楽ストリーミング市場が成長した背景には、SpotifyやApple Musicなどの大々的なマーケティング戦略とユーザー獲得合戦は無視はできませんが、主にメジャーレーベルや音楽出版社、アーティストとマネジメント会社などが音楽を配信する仕組みをストリーミング中心に転換させた業界内でのパラダイムシフトが成長の大きな要因です。

アメリカの音楽業界では、音楽ストリーミングのビジネスモデルを次の3つのカテゴリーに分けて指標として動向を細かく見ています。

SpotifyやApple Music、Amazon Music、Google Play Music、Deezer、Tidalなどの定額制音楽ストリーミング。PandoraやSiriusXMなどネットラジオを含むラジオ型音楽ストリーミング。そしてYouTubeやVevoなど広告モデルの音楽ストリーミングの3種類にビジネスをRIAAが分類し、各カテゴリー別の売上推移を出しています。

特にアメリカでは「定額制音楽ストリーミング」への期待が大きく、業界の取り組みによって市場最大の収益源にまで成長させてきました。



2017年の定額制音楽ストリーミングの売上高は41億ドル(約4380億円)とフォーマット別で最大規模となる市場シェア47%を達成しました。定額制音楽ストリーミングの有料ユーザー数は56%増加して3530万人。2016年の2270万人から1年で1260万人を獲得しました。



RIAAでは2016年から定額制音楽ストリーミングサービスを新たに定義付け、使用できるデバイスや再生できる楽曲カタログを制限する限定サービス「Limited Tier」と、機能やカタログを完全に利用できる「フルサービス」と2種類に定額制音楽ストリーミングを区別しています。

「フルサービス」の売上は35億ドル(約3742億円)で56%増加となり、最も好調な売上を示しました。

限定サービス「Limited Tier」のカテゴリーにはAmazon Prime、Pandora Plusなどが含まれ、売上高は5億9160万ドル(約555億円)で前年比124.6%増加。前述の有料ユーザー数はこの限定サービスのユーザー数を含みません。

広告モデルの音楽ストリーミングサービスの売上は35%増加して6億5900万ドル(約705億円)。

ラジオ型音楽ストリーミングサービスの売上は5%減少して9億1400万ドル(約978億円)。デジタル使用における著作権使用料を徴収する非営利団体「SoundExchange」が利益分配するネットラジオサービスやSiriusXMなど大手ネットサービスがこのカテゴリーでは主要な売上を記録しています。

あわせて読みたい

「音楽配信」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  4. 4

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  5. 5

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  6. 6

    辻元氏「戦後政治最大の汚点」

    辻元清美

  7. 7

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

  9. 9

    細野氏 希望解党は「私の責任」

    細野豪志

  10. 10

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。