記事

JR東日本が進める特急の「全車指定席化」

Index

1:房総特急の普通車指定席を増強

JR各社が実施した2018年3月17日のダイヤ改正は、さほど大規模なものではなく、全国的な話題となる事柄も少なかった。けれども、JR東日本の長距離列車戦略上では、見逃せない変化があった。

東京~銚子間の「しおさい」など、房総方面の各特急の普通車指定席増強が行われたのである。地味ではあるが、長期的な施策が着実に遂行されつつあると感じた変更である。

指定席が増えた分、自由席は減った。これはどういう目論みのもとに行われたことなのだろうか。

自由席主体だった房総特急

東京駅に発着し、千葉県下の総武本線、内房線、外房線各方面へ向かう特急は、国鉄時代の1972~1975年に運転を開始した。いずれも運転距離は120~130km程度であり、400~500km以上走るのが常識だった当時の特急の感覚からは大きく外れた短距離列車であった。そのため列車の性格としては急行に近く、食堂車がないのはもちろん、編成の大半が普通車自由席となった点でも、異色の存在であった。

左:東京~銚子間を走る特急「しおさい」。房総方面の特急は今回の改正で指定席が増やされた。
右:「しおさい」の指定席表示

房総方面行きの特急は、国鉄がJR東日本となっても同様の性格のまま続いた。2005年までには国鉄時代の車両は引退し、完全に新型車両へ置き換えられたが、列車自体は自由席主体の「気軽に乗れる特急」でありつづけた。

2:特急の指定席車化を進めてきたJR東日本

文字通り「特別な急行列車」であった1950年代には、特急は全車指定席が当たり前。普通の急行列車が自由席主体であったのに対し、座席を事前に指定しておけること自体が、特急としての特別なサービスであったのだ。

しかし、特急の増発に伴い利用客が急激に増えるにつれ、輸送力は不足をきたしてきた。そのため、混雑時の輸送調整を目的に、1960年代なかばから、東海道新幹線の「こだま」を皮切りに自由席を設ける特急が次々に現れだしたのだ。1972年に国鉄が一定間隔で頻発する特急に「L特急」との愛称を付けた頃には、特急にも自由席があるのが当然のこととなっている。「房総特急」などは、その典型であった。

乗務員の負担が大きい自由席

ホームなどに置かれる指定席券売機も増えた(写真は新宿駅の「成田エクスプレス」用のもの)

しかし、特急の自由席には、鉄道会社側から見ての弊害もあった。気軽に乗れるということで、事前の特急券購入が徹底せず、車内で乗務員(車掌)から特急券を購入する客が、かなりの数に上ってしまったのだ。

走る特急内で、扉の開閉や案内放送など他の業務をこなしつつ特急券を発売することは、乗務員にとってかなりの負担となる。釣り銭の用意と乗務後の売上精算も、相当な手間である。

利用客、特に近い距離しか乗らない定期券利用者が「面倒」という理由に甘え、車内発売に頼っている側面は否めない。比較的最近まで、特急券が購入できる自動券売機がそれほど多くなかったという事情もあろう。

私が実見した限りではあるが、夜遅くに東京を発車する房総方面行きの特急の自由席で、自由席1両につき乗務員が1人乗っているようなケースがあった。それでも車内改札と特急券の発売は遅々として進まなかった。

3:人件費抑制が課題

こうした、収入に対して過剰とも思える人員、人件費を割かねばならない実状への、ひとつの解答が「全車指定席化」だ。背景としては、インターネット予約や指定席券売機の普及により、窓口も人員削減が可能となったこともあるだろう。

JR東日本の新幹線列車では「はやぶさ」「かがやき」などが現在、全車指定席で運転されているが、過去に自由席があった在来線特急が全車指定席化されたのは、2014年に平日朝夕の高崎線特急「あかぎ」が「スワローあかぎ」となったのが始まりだ。

「ひたち」「ときわ」は、品川駅乗り入れを機に、全車指定席となった

続いて、2015年には、品川駅への乗り入れが始まった常磐線特急が「ひたち」「ときわ」と改称され、やはり全車指定席化されている。こちらは、朝夕の通勤客主体の特急ではなく、終日頻発している特急である。

これらの列車は、乗車日、乗車列車のみ指定される「座席未指定券」を購入すれば座席の指定を受けずに乗車できるが、あくまで空席利用。使っている席の指定席特急券を持った利用客が来れば、譲らねばならない。

指定席特急料金自体は他の列車より安く設定されているが、車内で特急券を購入すると、事前購入より割高な料金が適用される。例えば50kmまでの区間の場合、通常、首都圏で適用されるB特急料金は自由席510円、指定席1030円(通常期)だが、「スワローあかぎ」「ひたち」「ときわ」の指定席は750円、ただし車内料金は1010円となる。事前に特急券を購入しておけば、車内改札も省略される。つまり、割安に乗りたければ「特急券の事前購入」へと誘導されるようになっている。

房総特急も将来、全車指定席化?

今回の房総特急の指定席増強では、特に「スワローあかぎ」などのようなソフト面での施策は取られておらず、通常の特急料金のままだ。特急料金だけの「房総料金回数券(指定席用・自由席用)」が以前から発売されているため、今後はこれの販売強化が図られることと思われる。

左:JR東日本在来線特急の全車指定席化の草分けとなった「スワローあかぎ」。
右:両国~館山間に全車指定席で運転された「さざなみ91号」

そして、いずれは全車指定席化へと向かうのであろう。「しおさい」「さざなみ」「わかしお」といった房総特急と、すでに全車指定席化された各特急は、首都圏の通勤客、ビジネス客主体の特急という、列車としての性格に、かなり似た面があるからである。

今回の指定席増強は、将来への布石と思われる。すでに「館山若潮マラソン」のランナー輸送列車として運転された「さざなみ91号」などの臨時列車が、全車指定席で運転された実績もある。

ただ、40年以上、房総特急の利用客が使い慣れてきた自由席を廃止するには、かなりの経過措置が必要だろう。これから数年間、どのような施策が取られるのかを注視していきたい。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

あわせて読みたい

「JR東日本」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  2. 2

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  3. 3

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  4. 4

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  5. 5

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  6. 6

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  7. 7

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  8. 8

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  9. 9

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  10. 10

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。