記事

2019年卒の4月1日時点内定率が上昇 平均エントリー社数は前年下回り30社を切る

ディスコは4月6日、2019年3月卒業予定の大学3年生と理系の大学院修士課程1年生を対象にした、就職活動に関する調査の結果を発表した。調査は学部生・院生合わせて1140人が回答している。

就活解禁から1か月経った4月1日時点で、すでに18.8%の学生が内定を得ていることがわかった。過去数年の4月1日時点の内定率を見ると、就活のスケジュールが変わった16年卒が7.1%、17年卒が11.8%、18年卒が14.6%で、19年卒まで3年連続で上昇している。

内定を獲得しても8割以上は就活を続けている

4月1日時点で2割弱の学生が内定を獲得
4月1日時点で2割弱の学生が内定を獲得

内定を獲得した学生のうち、就職先を決めて就活を終えたのは17.3%に留まっている。内定を複数もらい、保留している人が1.9%。80.8%の学生は、内定を持ったまま、就活を続けている状況だ。

1人当たりの平均エントリー社数は、前年の31.7社を下回る26.2社で、今後のエントリー予定社数は平均5.6社となっている。売り手市場の中、エントリー社数を絞った就活が主流になっているのかもしれない。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  4. 4

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  6. 6

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  7. 7

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  8. 8

    天皇陛下を韓国が安倍批判に利用

    NEWSポストセブン

  9. 9

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。