記事

東京ミッドタウン日比谷は「日比谷ミッドタウン」で良いのでは?

最近開業した東京ミッドタウン日比谷という商業施設の名前を聞いたとき、最初に思ったのは、六本木にある東京ミッドタウンと混同する人が増えるのではないかという懸念でした。

東京ミッドタウン六本木に続いて、東京ミッドタウン日比谷と出てくれば、「東京ミッドタウンシリーズ」の新作なんだと納得できます。ネーミングに一貫性がないので、なんだかムズムズします。

ウルトラマン、ウルトラセブンの後に、なぜウルトラエースではなく、ウルトラマンエースなのか?子供の頃に、今回と同じような疑問を持ったことを思い出しました。

また、東京ミッドタウン日比谷と言う名称はとても長く、省略するのが難しそうですで、場所を伝えるのが面倒です。きっと「日比谷の方ね」「六本木の方ね」と待ち合わせの前に念押しする人が続出することでしょう。

お客様目線でわかりやすさを優先すれば、東京ミッドタウンを六本木ミッドタウンに変更し、新しい施設は日比谷ミッドタウンにするのが一番スッキリする気がします。

ネーミングに関して、もう1つ違和感を感じた事例は、今月1日から三菱東京UFJ銀行から名前を変更した三菱UFJ銀行(写真)です。東京だけをとって名称変更しましたが、いっそのこと、さらに削ってシンプルに三菱銀行に変えてしまった方が、スッキリして分かりやすいと思います。アルファベットを残したのは、行内にいるUFJ銀行出身者に配慮したということでしょうか。

どちらの名称決定も利用者の利便性や分かりやすさよりも、「別の事情」を優先したように見えます。

銀行やランドマークとなる商業施設の名称は、多くの人の生活に関わります。東京ミッドタウン日比谷も三菱UFJ銀行のように、しばらくしたら「日比谷ミッドタウン」に名称変更すれば良いのです。その時には東京ミッドタウンも六本木ミッドタウンにした方がスッキリします。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年4月4日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「三菱東京UFJ銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  2. 2

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  3. 3

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  4. 4

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  6. 6

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  7. 7

    希望解党で長島昭久氏の去就は

    早川忠孝

  8. 8

    安倍TPP強行採決のツケが現実味

    大串博志

  9. 9

    麻原三女 西田教授の回答を公開

    松本麗華

  10. 10

    北朝鮮の核実験停止 背景を解説

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。