記事

アマゾン、次の注目点は郵政公社との価格交渉か?

昨日(4月3日)の米国株は、ダウが389ポイント(1.65%)上昇と、若干持ち直した。エネルギー・ヘルスケアなどが牽引し、ハイテク銘柄も概ね買われたからだ。

また来週から始まる決算発表で良い数字が期待されることも市場を支えたのかもしれない。

一方トランプ大統領はツイッターで「アマゾンは郵政公社に負担を押し付け、デリバリーボーイにしている」とまたアマゾンを口撃した。

そんな中SNBCは「トランプはアマゾンを傷つけることはできない。しかし米政府はどのようにアマゾンを取り締まることができるだろうか?」という記事を載せていた。

趣旨はこうだ。大統領がツイッターでアマゾンを口撃しても、司法省や独占禁止問題を司る連邦取引委員会は動かないだろう。何故なら彼等は、大統領の操り人形になることを最も嫌うからだ。もっともそのことはアマゾンが規制当局の調査の対象外ということではない。アマゾンを独占禁止法上の価格つり上げで告発することは難しいが、アマゾンが競争相手を市場から締め出していることで攻撃される可能性はある。

一方トランプ大統領にはアマゾンに対して具体的な攻撃をする術(すべ)はないのか?というと材料はある。それは今年10月に契約期限を迎える郵政公社との運送契約だ。

シティグループの調査レポートは、アマゾンは新しい契約で41%以上の値上げを強いられるのではないだろうか?と報じている。アマゾンと郵政公社の交渉は早ければ、4月15日にもスタートするという。

交渉を控えてトランプ大統領がツイッターでアマゾン口撃を続けるだろう。大統領のイッターが交渉についてどれほど影響力があるのか?は分からないが、彼が選挙民の人気取りのために吠え続けることは間違いないと私は考えている。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  4. 4

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  5. 5

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  6. 6

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  7. 7

    銀座の喫茶が炎上覚悟マナー訴え

    キャリコネニュース

  8. 8

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  9. 9

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  10. 10

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。