記事

カルビー会長"報告は全部お金で表現して"

1/2
カルビーは3月27日、松本晃会長兼CEOが6月下旬の株主総会後に退任すると発表した。松本氏は就任9年のカリスマ経営者だが、その「まわり」で働いてきた人は「記憶してほしいことは全部お金で表してくれ」と言われたという。どういうことか。『社長の「まわり」の仕事術』(インプレス)で、カルビーなど6社を取材した上阪徹氏が、その意味を解説する――。

■抜擢されるのはどんな人?

エネルギッシュに動く経営トップのもとで日々、奮闘している人たちがいる。ビジネス書の読者の多くは、そういう人たちにこそ学べるのではないか。

そんな思いから『社長の「まわり」の仕事術』(インプレス刊)という本を書いた。取材したのは、カルビー・松本晃氏、DeNA・南場智子氏、ストライプインターナショナル・石川康晴氏、隈研吾建築都市設計事務所・隈研吾氏、中川政七商店・中川政七氏、サニーサイドアップ・次原悦子氏という6人の経営トップのまわりで仕事をしている13人だ。

今回は13人のインタビューの中から、「社長が“抜擢したい”と思う人の3条件」をピックアップしたい。

■「できる理由を考える」人

まず1つ目は、「できる理由を考える」という人だ。経営トップが口にするのは、やりたいこと。しかも、それは多くの場合で簡単にやれることではなかったりする。しかも、そんなことは経営トップ本人もわかっているのだ。だから「できる理由」を考えてくれる人は、常に必要とされる。


上阪徹『社長の「まわり」の仕事術』(インプレス刊)

サニーサイドアップの社長室・副室長の谷村江美さんは、勤務していた大手コンサルティング会社の顧問先から、サニーサイドアップの次原悦子社長を紹介された。初対面から20分ほど話すと「ねぇ、あなた、ウチに来ない?」とおもむろに言われたという。

「次原はよく言っているんですが、できない理由を考えるんじゃなくて『どうしたらできるか』を考えてみよう、と。私もそれを信じています」

自分がいっぱいいっぱいのときに、新しいことが投げ込まれたりすると、「どうしてなのか」と感じてしまったり、それが顔に出てしまったりしかねない。しかし、マインドを変えることで、そうはならなくなるという。

「自分自身も含めて、いかに気持ち良く、上機嫌でいられるか。もちろん、気分が乗らないときもたくさんありますが、根底にはそんな姿勢があるべきだと思っています」

■すぐに「できない」とは言わない

ストライプインターナショナルの石川康晴社長は社会活動、文化活動をとても大事にしている。それらを管轄している文化企画部の部長、岡田泰治さんも、やってはいけないのは、「できない」と即答してしまうこと、と語っていた。

「どんなムチャぶりでも、やる前提で考える。考えた後に、問題がたくさん起こってくるので、もう都度都度、つぶしていけばいいんです。取りあえず大きなところから」

こう動いたけれど、このやり方は無理だった、というのはありだという。

「やる前に無理だ、と考えるのはNGですね。やろうとして動いて、結果ダメだったというのはある。でも、本当に100%ダメだった、というのは、ほとんどないですから。やり方を変えてできたとか、やるために形を変えたとか、それなら許容されますね」

ただ、まずは100を狙いに行くべきだ、と岡田さん。最初から、できそうなところで妥協することは許されない、と。

「石川も怒るかもしれないですね。声を上げたりはしませんが、声色でわかります」

世界的な建築家、隈研吾氏の隈研吾建築都市設計事務所で社長を任されている横尾実さんも「まずは、できるんじゃないか」と考える。

「本当に無理なら、隈自身が断っている。だから“そんなことは無理だ”とは考えないですね」

だから“ムチャぶりだ”と感じることもない。

「まぁ、自分なりに都合よく解釈して対応します。物事をあまり深刻に受け止めないことです(笑)。やっぱり楽しめないとダメだと思うので。特に建築は。ネガティブなこともポジティブに、都合よく解釈して。それが大事じゃないかと思います」

振り返れば、若い頃から、そんなふうに考えてきた。だからこそ、隈氏の信頼を勝ち得てきたのだ。

■2つ目は「手間がかからない」という人

社長が“抜擢したい”と思う人の3条件、2つ目は「手間がかからない」という人だ。経営トップにとって、面倒ではない、話が早い、わかりやすく付き合いやすいということだ。カルビーでフルーツグラノーラ事業を急成長させ、6年で執行役員フルグラ事業本部本部長に抜擢された藤原かおりさんは、資料を上司である松本氏好みにしておいたという。

「お金の数字が好きなんです。認知率とか、ブランドイメージとか、そういう数字にはこだわりはない。でも、市場規模とか、どこどこの売り上げがいくらとか、そういうことにはアンテナが立ちますね。『僕はどうでもいいことを記憶できないから、記憶してほしいことは全部お金で表してくれ』なんて冗談で言われたことがあるんですが、お金の数字はものすごく記憶されるんです。投資金額とか、一度聞いたら正確に覚えています」

■社長の言う通り、だけではダメ

ストライプインターナショナルの宣伝部部長中村雅美さんは、石川社長との仕事では、とにかく柔軟でいる、ということを心がけたという。

「言うことがどんどん変わるので(笑)。それこそ1分後に言っていることが変わることもある。極端に言えば。そういうときに、どれだけ『え~っ?』とならずに、目標とするゴールに向かって前向きになれるか、です。

そう心がけていても、「頭が固い」と石川社長から言われることがあった。

「ついつい反論してしまったからだと思います。なので、できるだけ柔軟に考えないと、と思っていました」

ただ、言われた通りにとにかくやればいい、といいうのとはまた違う。

「社長が間違えることもあると思うんです。一方で、その通りにしなきゃいけなかったこともあるんですけど(笑)。ただ、言う通りにやっちゃうと、社長から見てもダメなときもあるわけですね。『言った通りにしかしないなぁ』と」

逆に、物申して意見を言う人は、石川社長にとっても本当はウエルカムだという。

「考えがあったら、ちゃんと言ってほしい、という感じですよ。そこはちゃんと自分の意見を持っていたほうがいいと思います」

こうしたバランス感覚を、仕事をしながら身につけていったのだ。

あわせて読みたい

「経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のセクハラ報道却下に衝撃

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  3. 3

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  4. 4

    セクハラ問題 本当の悪は新聞社?

    小林よしのり

  5. 5

    自衛官罵声 日報追及への反発か

    志村建世

  6. 6

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  7. 7

    福田次官問題 テレ朝もパワハラ

    小林よしのり

  8. 8

    女性問題叩きは大物の不在を生む

    文春オンライン

  9. 9

    米山知事の買春を女子大生が告白

    文春オンライン

  10. 10

    宗男氏 小西議員の身勝手さ指摘

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。