記事

ゾゾタウン運営グループが最高年収1億円で「天才」を募集 「高学歴の人が対象。相応の方がいればお支払いする用意はある」

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥディのグループ会社であるスタートトゥデイテクノロジーズは、「7人の天才と50人の逸材」の募集を開始した。募集期間は5月18日12時までで、天才には年収1000万~1億円、逸材には年収400~1000万円を提示している。

4月1日に発足したスタートトゥデイテクノロジーズは「70億人のファッションを技術の力で変える」というミッションを掲げ、「ZOZOTOWN」や「WEAR」の開発や運用等を行う。

前澤友作代表「あー天才と一緒に働いてみたい!」

年収1億円をもらえる人はいるのか?
年収1億円をもらえる人はいるのか?

募集は、博士・研究員、エンジニア、デザイナー、アナリストの4職種。博士・研究員は、ECサイトの利便性向上や物流の最適化など様々な研究に取り組む。情報工学や計量経済学といった分野で博士号を取得しているか、同等以上の知識や経験を持っていることが条件だ。

デザイナーは、ZOZOTOWNでのサービスやアプリのデザインなどを担当する。2年以上の実務経験があれば応募可能で、応募時には「スタートトゥデイテクノロジーズでやりたいこと」という作文を提出する。

各職種とも、面接は最終面接を含め3回の予定。遠方の場合、1・2次面接をウェブ上で行うことも可能だ。

同社の担当者は、高額の年収が提示されていることについて、次のように話している。

「条件が厳しく、博士号取得者などかなり高学歴な方が対象になっています。スキルに見合った報酬を提示しました。実際に1億円お支払いする方が出てくるかどうかまだわかりません。しかし、それだけのレベルの方がいらっしゃれば、お支払いする用意はあります」

同社の前澤友作取締役は4月2日、自身のツイッターで「あー天才と一緒に働いてみたい!」とツイート。代表もスキルの高い人材との仕事を楽しみにしているようだ。

あわせて読みたい

「ZOZOTOWN」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  3. 3

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  6. 6

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  7. 7

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  8. 8

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  9. 9

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。