記事

「森友問題」と「TPP問題」のどちらが重要か?

1/2

■麻生氏の問題発言の是非

 自民党の麻生氏が、参院財政金融委員会の場で以下のようなことを述べられたらしい。

1、「森友の方がTPP11より重大だと考えているのが日本のレベル」

2、「日本の新聞には(TPP11のことが)一行も載っていなかった」

 これらの発言が物議を醸し、既に麻生氏は謝罪を行われたそうだが、これも(現時点では)一種の言葉狩り(ポリ・コレ)だと言えるだろうか。

 確かに「」の発言については事実と異なることを言ったということなので謝罪は必要だろうけれど、「」については、現状では未だ謝罪が必要な段階とは言えない。

 少なくとも現段階では、麻生氏は、安倍総理やご本人が森友問題に関係していないと信じているわけだから、森友問題についての責任感を感じる段階にあるとは言えない。事実はともかく、現段階では自分達は冤罪だと思っている側の人間なのだから、「森友問題よりもTPP問題の方が重要だ」と言っても何の問題もないと思う。
 財務相としての監督責任が無いとまでは言えないが、だからと言って、本来の仕事よりもスキャンダルの方が重要だというのでは不自然だ。会社の社長が、従業員が窃盗罪を犯したとして、会社全体の仕事よりも1人の窃盗罪の方が重要だと言うのではおかしい。

 そもそも、与党の政治家が本業を忘れて、森友問題にばかりに拘っていれば、政治家としての信用を失ってしまいかねない。

 問題が生じるのは、実際に自分達が森友問題に関わっていたということが判明した段階でのことであり、そういう段階になって初めて、今回の発言が責任問題として追及されることになる。

 解り易くするために卑近な例で言うと、もし、あなたが通勤中の電車内で痴漢と間違われて逮捕されたとしよう。
 その後、警察の取り調べ室で、あなたが「痴漢問題よりも仕事の方が重要です」と言った場合を考えてみよう。それがおかしいことだと言えるだろうか?
 「痴漢問題の方が仕事より重大だと考えているのが警察のレベル」と言うことが、おかしいことだろうか?
 あるいは、痴漢冤罪を訴える会見の場で、「痴漢問題よりも仕事の方が重要です」と言ったとすればどうだろう? それがおかしいことだろうか?

 その人物が本当に無実(または無実と思っている)なら、「私は自分の仕事をしなければいけないので、痴漢問題などに構っている暇はありません」と言うのは、尤もな意見だと言える。逆に、「私は自分の仕事よりも、痴漢問題の方が大事です」などと言えば、余計に怪しいと疑われる可能性が高くなってしまう。

あわせて読みたい

「麻生太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計学園の「嘘」は極めて不自然

    大串博志

  2. 2

    新潟少女殺害 容疑者家族に疑問

    女性自身

  3. 3

    内田前監督に日大OB「情けない」

    文春オンライン

  4. 4

    夫の年収1500万円でも半数は不満

    キャリコネニュース

  5. 5

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  6. 6

    加計学園はマスコミに全てを語れ

    早川忠孝

  7. 7

    「ツンデレ外交」失敗した北朝鮮

    自由人

  8. 8

    日大選手の寛大な処分求め嘆願書

    AbemaTIMES

  9. 9

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  10. 10

    悪者から逆転した日大選手の謝罪

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。