記事

佐川宣寿氏の証人喚問に学ぶ「言い逃れの極意」

【ポイントをずらして謝ることも大事】

 どんな場面にも“学び”はあるものだ。コラムニストの石原壮一郎氏が国会の証人喚問を目にして考えた。

 * * *
 人間、いつどんなピンチが訪れるかわかりません。後ろ暗いことや身に覚えがあることについて、厳しい追及を受けることもあるでしょう。そんな時にどう言い逃れたらいいのか。追い詰められた状況をどう切り抜ければいいのか。あらかじめ心の準備をしておくのが、大人の用心深さであり狡猾なしたたかさです。

 3月27日に衆参両院で、元国税庁長官の佐川宣寿氏への証人喚問が開かれました。明らかに真っ黒な事柄について、あくまでシラを切り続けるのはさぞ辛かったでしょう。本当の悪人たちにいろんな役割を背負わされ、大きな力に翻弄されている悲哀もひしひしと感じます。努力に努力を重ねてエリート街道を歩んできたのに、たいへんお気の毒です。

 それはそれとして、4時間以上にわたる証人喚問では、これでもかというほど念入りに「言い逃れの極意」を見せつけてくれました。たとえば、浮気がバレて妻から厳しく追及されたらどう言い逃れればいいのか。山ほど状況証拠があって、誰がどう見たって浮気行為への「関与」が明らかだったとしても、素直に白状するわけにはいきません。絶体絶命のピンチに備えて、私たちが佐川氏の答弁に学びたいのは、次の3つの極意。

1.核心に触れそうな部分はどんなに怪しくてもとぼけ続ける
2.自分が主張したい部分はどんなに不自然でも力強く認める
3.微妙にポイントをずらしながらきっちり謝っておく

 順に、具体的な応用の仕方を見てみましょう。まずはひとつめの「核心に触れそうな部分はどんなに怪しくてもとぼけ続ける」という極意。「このLINEのやりとりはなによ!」「同僚の○○さんと朝まで飲んだって言ってたけど、○○さんは知らないって言ってたわよ」など、明確な証拠を突き付けられたとしても、簡単に白状してはいけません。

「そのLINEは本当に私が書いたのかどうかについては、浮気をしたという疑念を生じるおそれがあるので、お答えは差し控えさせていただきます」というセリフで乗り切りましょう。「少々お待ちください」と言って、補佐人ならぬ同僚の○○に電話して“助言”を求め、「彼の思い違いでした」と証言を訂正してもらう手もあります。

 ふたつめの「自分が主張したい部分はどんなに不自然でも力強く認める」という極意も、積極的に実践したいところ。明らかにデート向きのレストランのレシートを突き付けられて、「このお店にふたりで行ったのよね。下心があったんでしょ!?」と聞かれたら、力強く「一切ございませんでした!」と答えましょう。「ホテルに誘ったんでしょ?」と聞かれたとしても、「そういう事実はまったくありません!」と言い切ります。

 ただし、妻の場合は、阿吽の呼吸の質問者のように「下心はなかったんですね」「ホテルには誘わなかったんですね」と、こっちに都合のいい答えを誘導するような聞き方はしてくれません。逆に「下心があったんですね」「ホテルに行ったんですね」と聞かれる可能性のほうが大。誘導尋問に乗って、うっかり認めてしまわないように気を付けましょう。

 3つ目の「微妙にポイントをずらしながらきっちり謝っておく」も、とっても大切です。佐川氏は証人喚問の最後のほうで、「国民が知りたい真相を解明できたと思うか」という質問に対して、具体的には答えられていないので「ご満足できていないだろうと……」と言いつつ「行政の信頼を揺るがすようなことになりまして、本当に国民のみなさんに申し訳ないと思っております」と謝罪の言葉を述べました。

 自分のことは巧みに脇に置いて、いきなり「行政の信頼」と話を広げて謝っているところがさすがです。浮気疑惑を追求されて、妻に「ぜんぜん納得できない」と怒られたとしても、「俺のせいで」なんて言ってはいけません。「世の中の夫に対する信頼を揺るがすようなことになって申し訳ない」と、微妙にポイントをずらしながら謝っておきましょう。

 この3つの極意を身に着けておけば、いつ浮気を追及されても大丈夫です。そして、佐川氏の証人喚問でもっとも学びたいのは、どんなに不自然な言い逃れでも、あくまでもシラを切り通せば、怒っている側はそのうちトーンダウンするということ。実際、証人喚問が終わってからの世間は、何となく「一段落した」みたいな雰囲気になっています。このまま尻すぼみになってしまうのかどうかは、まだわかりませんが。

 浮気疑惑を厳しく追及されて、シラを切り通すことに疲れてきたときには、佐川氏の顔を思い浮かべてがんばりましょう。ただ、妻の追及が議員たちのように手ぬるいとは思えないし、世間のように忘れっぽいということはまずありませんね。みなさま、どうかくれぐれもお気を付けください。いや、もちろんバレないようにではなく、そういう不埒な行為をしてしまわないようという意味です(時流を意識した大人の締め)。

あわせて読みたい

「証人喚問」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  4. 4

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。