記事

「仮想の“いいね”より現実の“いいね”を」 柴田阿弥が新社会人に熱いメッセージ

 29日、読売新聞夕刊に掲載された「辞令書 インスタ映え?」という記事が話題になっている。記事によると、人事異動が多い年度替わりの時期を迎え、Instagramに勤務先の“辞令書”の画像が誰でも見られる状態で多数投稿されているという。投稿された辞令書には「3月から福岡の店舗に転勤」「心機一転 頑張ろうと思います」などのコメントも投稿されていたようだ。

 30日放送の『けやきヒルズ』(AbemaTV)では、このニュースを紹介。キャスターを務める柴田阿弥が新社会人・社会人にメッセージをおくった。

 まず、辞令をネットにあげる人がいることについて「SNS全盛である以上、『言わなくてもわかる』は甘い」と指摘。続けて、「例えば、社員が会社に不満を持っていて『言わなくてもわかるでしょ』と考えていても経営陣にはわからない。だから、(辞令をネットに上げないよう)教育しなきゃいけない」と考えを述べる。

 また、「そもそも辞令書はインスタ映えするのか」という疑問をあげつつ、「SNSで大きく見せたい、ハッピーに見せたい気持ちはわかる。ただ、“盛りがち”な人は実際にはあまり成し遂げないてない人が多いように思える。本当に何かを成し遂げた人や自分が頑張ったことというのは、自分の心の中にあるもの。誰かに何かを言われなくても、私は自分が頑張ったことは誇りに思っています。つまり、インスタやFacebookでネット世界や仮想の“いいね”を集めるよりも、現実世界でたくさん“いいね”を集められるような社会人に私はなってほしい」と熱い思いを語った。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

あわせて読みたい

「Instagram」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  5. 5

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。