記事

"現場の苦労"を大物社長にたたき込む方法

1/3

職場体験に来た人に厳しく指導をしたら、実は自社の社長だった――。NHKのそんな「ドッキリ番組」が話題を呼んでいる。正体を明かされたとき、多くの従業員はあわてふためくのだが、その様子をみても不思議と嫌な気持ちはしない。ライターの戸部田誠さんが「もっとも幸福なドッキリ」と呼ぶ、この番組の魅力とは――。

■社長と知らずに言いたい放題の社員たち

「顔が怖いです」
「歩いてる姿が不審者っぽい」

社員たちが、社長の接客に対し、言いたい放題。それもそのはず、社員たちは言っている相手が社長だとは気づいていないからだ――。

今国会は、「働き方改革」の目玉のひとつである「裁量労働制の対象拡大」をめぐって紛糾していた。

「裁量労働制」とは、実際の労働時間にかかわらず、事前に定めた時間だけ働いたとみなす制度だ。したがって、どんなに短い時間で仕事が終わっても、逆に何時間も長く働いても報酬は一緒。つまり残業代は支払われない。この制度を適用できる業種は限られており、それを拡大しようというのが今回の法案だった。

結局、導入の根拠のひとつとされた「労働時間等総合実態調査」のデータが不適切だったことや、制度が長時間労働を助長するという懸念など、さまざまな問題点が指摘され、ひとまず当初の予定より施行時期を1年遅らせる検討に入っている。「定額働かせ放題」と揶揄する声があがっており、世論の反発も小さくない。この法案には、労働者側に立った視点と当事者意識が欠如している。

■イギリス生まれの「社長潜入ドッキリ」番組

そこで、見てほしい番組がある。NHK BSプレミアムで放送されている『覆面リサーチ ボス潜入』だ。

これはイギリスのテレビ局・チャンネル4が生んだ『アンダーカバー・ボス』というリアリティ番組がもとになっている。現在は日本のほか、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イスラエルなど、数多くの国で同様のフォーマットを使って番組が制作されている。

日本では、2015年3月28日にパイロット版が放送され、その後16年に第1期、翌年に第2期、18年2月14日から第3期と、シーズンを重ねてきた。


『覆面リサーチ ボス潜入』HPより

番組ではタイトル通り、大手企業のボス=社長や役員が、変装とメイクで素性を隠して自社の店舗等におもむき、実際に現場を体験する。その後、共に働いた従業員を本社に呼んで正体を告白し、現場で出ていた課題の解決策を提示する構成になっている。

日本版ではこれまで、幸楽苑、日本交通、西友、江崎グリコ、ユナイテッド・シネマ、ローソン、東京地下鉄(東京メトロ)、松屋、吉本興業など、さまざまな業種のボスとその現場が登場。第3期は、大手宅配ピザチェーンのドミノ・ピザ、大手ゲーム会社のタイトー、最終回では大手下着メーカー・ワコールが舞台となった。本稿ではタイトーの回(2月21日放送)を例にとり、この「ドッキリ」番組の“気持ちよさ”を読み解いてみたい。

各地にゲームセンターを展開するタイトーの代表取締役社長・山田哲は、「進化を怠り、過去のものというイメージが蔓延してしまったゲームセンターを変えるヒントが、現場から得られれば」と、この企画への参加を決めた。

山田は喫茶店マスターの「駒井」として、「他業種にノウハウを学ぶ企画でカメラに密着されている」という設定で、ゲームセンターで働く。普段かけているメガネをはずし、ヒゲとカツラをつけ別人に変装した山田がまず向かったのは、埼玉県の所沢支店。

ここは社内の接客コンテストで常に上位に輝いている店舗だ。そのノウハウをほかの店にどう共有するか、どうすれば働きやすい環境が作れるのかを見たいという。

■活気あふれるゲームセンターを支える従業員

「笑顔が硬い」

あいさつ早々、いきなり従業員に注意される山田。「顔が怖い」と言われてしまう始末だ。「常に笑顔を意識して、笑顔を伝染させてください」と指導される。

確かにこの店舗は活気にあふれている。従業員が盛り上げる声が響き、お客さんもみんなが笑顔を見せ、とても雰囲気がいい。ゲームセンターなのだから当たり前と思うかもしれないが、この後に訪れた店舗と比較すると、それが決して当たり前でないとよく分かる。店の雰囲気は従業員が作っているのだ。

従業員たちは、店内清掃中であろうと常にお客さんに気を配っている。たとえば、灰皿を拭く時。灰皿を見ながら拭いていると、お客さんから目を離してしまっていることになる。灰皿自体はほとんど見ずに、拭きながらも周りに気を配ることが大切だと、所沢店のベテラン従業員は「駒井」に教える。

あるいは、両替機。ゲームセンターでは、小銭が必要だ。だから、両替機とゲーム機を行き来する人を見ると、その人がどれだけお金を使ってくれているかが分かる。それを把握しているかどうかで、お客さんの心情にいかに寄り添えるかが変わってくる。そういったひとつひとつの細かな視点が大事になってくるのだ。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  2. 2

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  3. 3

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  4. 4

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  5. 5

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  6. 6

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  8. 8

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  9. 9

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。