記事

スシロー新業態「杉玉」は3店目で存在公表、今まで隠されてきたワケ

過去の反省を踏まえた「杉玉」

スシローグローバルホールディングスが存在を明かした新業態の「杉玉」。1号店は昨年9月、兵庫県西宮市にオープンしたが、その存在は明かされぬままだった。そこにはスシローの慎重さも伺える。


スシローグループの新業態「杉玉」。存在が伏せられてきたのには理由がある

新業態に取り組むのは初ではない

スシローグループが新業態に取り組むのは初めてではない。子会社のスシロークリエイティブダイニングが「ツマミグイ」「七海の幸」を2015年に東京都内にオープンさせた。客単価を4000-5000円に設定、回転寿司のスシローとは異なる客層を狙っていた。

しかし、いずれも長くは続かなかった。理由は多店舗展開には向いていないと判断されたからだ。スシローグローバルホールディングスの水留浩一社長はかつて「我々が取り組むべきは5店舗規模の事業ではなく、100店舗規模の事業を作っていくということ」とインタビューで語っており、採算面よりも将来性を考慮して撤退したと話している。


しっかりと店舗展開ができそうだということで3店舗目でお披露目したと話す水留浩一社長

こうした反省を踏まえながら誕生したのが杉玉だ。位置づけは大衆寿司居酒屋であり、想定客単価は2500-3000円。お寿司を食べつつ、つまみに手を出し、お酒が2、3杯飲めて、3000円というイメージだ。


メニューには遊び心が盛りだくさん。写真左下「飲めるサーモン」、右下「えんがわの昆布〆炙り」、上「キャビア寿司」(各税別299円)

ツマミグイでは「オシャレ」「女性向け」といったカラーが強く、店舗面積もゆったりとした60坪。一方の杉玉は学生から家族連れ、シニア層までオールターゲットにし、30坪で運営することに大きな違いがあるという。スシローは客単価を低めに設定し、想定客層も変えたことで、店舗展開のあり方を再考したというわけだ。

店舗の存在を隠してきたわけ

そんな杉玉だが、スシローがその存在を公式発表したのは、3店舗目である。1号店は昨年9月、兵庫県西宮市に、2号店は今年1月に東京都千代田区神田神保町にオープンしたが、「取引先には(開店祝いの)お花を贈らないでね、とお願いしていた」(水留社長)と話しており、意図的に伏せてきたのだ。

その理由は、店舗の地力を知るためだ。杉玉には"スシロー"の文字が入っていない。だから、スシローグループとの関わりを見出すのは困難だ。初期段階では「すし郎」という店舗名候補もあったが、回転寿司のスシローのイメージに引きづられてしまう要素をすべて取り除きたいと考えた。だからこそ、広報や宣伝活動もゼロだった。杉玉のピュアな地力を把握するために、ひっそりと静かに運営されてきたというわけだ。

そして昨日、杉玉の存在が公式発表となった。正式発表に至ったのは、継続的な事業運営の確度が高まったからだろう。水留社長も「1号店は開店から数カ月でしっかり利益が出るようになっている。2号店も好調」と話しており、自信が伺える。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

あわせて読みたい

「スシロー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  2. 2

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  3. 3

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  4. 4

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  6. 6

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  8. 8

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  9. 9

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

  10. 10

    プーチン氏発言に苛立つ安倍首相

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。