記事

日本人はいつから「裸は恥ずかしい」と思うようになったか


【女心とともに下着も進化してきた(時事通信フォト)】

 なぜ、女性は乳首を必死に隠すのか──その謎を語る上で欠かせないのが、「羞恥心」の芽生えである。実は日本人が「裸は恥ずかしい」と考えるようになったのは約150年前と、意外にもその歴史は浅い。おっぱい評論家の杜哲哉氏がその歴史を解説する。

「1853年(嘉永6年)にペリーの“黒船来航”があるまで、日本人に裸への羞恥心は少なく、公衆浴場では男女が堂々と混浴していました。しかし、これを西洋人らは“品位に欠ける”と批判し、その影響で混浴禁止令が出された。そこから日本人にも裸への羞恥心が芽生え、意識改革が起きたのです」

 こうして女性の乳房や乳首は隠されるようになり、その存在は徐々に性的シンボルになっていく。さらに戦後の洋装普及とともに一般化したブラジャーの登場により、乳房や乳首の秘匿性はさらに高まる。

「洋装化でブラジャーが不可欠なものになりましたが、当時はまだ市販商品がほとんどなく、洋装誌には“ブラジア(ブラジャー)パッドの作り方”という記事が載るほどでした。手作りブラは針金を渦巻き状に成型して、先端には乳首をカパッとはめるスペースがあった。この頃にはすでに乳首は“特別に隠すもの”という意識があったのだと思います」

 その後、1949年に和江商事(現・ワコール)がブラパッドを発売し、1955年頃には一般女性のほとんどが着用するようになる。

「ブラをすることで胸を美しく見せる意識が芽生えたのはもちろん、乳首が透けることに対する抵抗感が共通認識になった」

 そして1960年代から盛んになった男性週刊誌のグラビアブームが乳首の価値を大きく変える。

「名だたる女優らがヌードグラビアで乳首を披露することで、話題性はもちろん、乳首に特別な商業的価値が生まれたのです」

 そうして「隠すもの」となった乳首だが、近年はその概念にも大きな変化が起きている。

「海外モデルが女性の乳首解放運動の一環としてSNSに乳首写真を投稿したり、人気歌手のレディー・ガガなどが乳首を見せるファッションを披露しています。数年後には、日本でも乳首を見せるブームが起きてもおかしくない」

 これまで100年以上隠されてきた乳首の神秘。平成の終わりに、乳首は解放に向かって立ち上がろうとしている。

※週刊ポスト2018年4月6日号

あわせて読みたい

「日本人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計学園の「嘘」は極めて不自然

    大串博志

  2. 2

    新潟少女殺害 容疑者家族に疑問

    女性自身

  3. 3

    内田前監督に日大OB「情けない」

    文春オンライン

  4. 4

    夫の年収1500万円でも半数は不満

    キャリコネニュース

  5. 5

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  6. 6

    加計学園はマスコミに全てを語れ

    早川忠孝

  7. 7

    「ツンデレ外交」失敗した北朝鮮

    自由人

  8. 8

    日大選手の寛大な処分求め嘆願書

    AbemaTIMES

  9. 9

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  10. 10

    悪者から逆転した日大選手の謝罪

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。