記事

自転車部品大手のシマノの本社工場で火災

 3月26日13時過ぎ、自転車部品製造では世界的メーカーの(株)シマノ(TSR企業コード:630026289、大阪府堺市、東証1部)の本社工場で火災が発生した。消防車数十台が消火活動にあたり、負傷者はなかった。シマノによると、今回の火災による詳細な被害状況や業績への影響、工場の再開時期は、27日午前時点では不明という。

 シマノは自転車部品の世界的なメーカーで釣具製造も手掛けている。2016年12月期の有価証券報告書によると、本社工場の帳簿価格は建物および構造物が158億8,000万円、機械装置および運搬具が35億8,900万円など、合計290億8,500万円。同報告書では、2016年12月~2017年12月に、製造設備やソフトウェアへ総額135億円の投資計画が記載されていた。

 27日午前、シマノの担当者は東京商工リサーチの取材に応じ、「火災があった工場では、自転車部品や釣具に使われる表面処理のアルマイト工程を手掛けていた。詳細な被害状況は、現時点では分からない。消防・警察の指導を受けながら稼働再開の時期を検討したい」とコメントした。取引先には担当者レベルで個別対応しているという。

 シマノは、27日10時より第111期定時株主総会を開催。28日には2017年12月期の有価証券報告書を提出する予定になっている。なお、2018年2月13日公表の決算短信によると、同期の連結業績は売上高3,358億円(前期比4.0%増)、経常利益557億4,800万円(同20.4%減)、当期純利益384億4,300万円(同24.6%減)。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年3月28日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

あわせて読みたい

「火災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  4. 4

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  5. 5

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  6. 6

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  7. 7

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  8. 8

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。