記事

イーロン・マスクを成功に導いた10の秘密

Jon Youshaei , Contributor

Elon Musk (Photo by Diego Donamaria/Getty Images for SXSW)

イノベーター、ディスラプター、ゲームチェンジャー──人はイーロン・マスクをこう呼ぶ。ペイパル、スペースX、テスラを創業したこの男を、ほかにどのような言葉で表現できるだろう?

マスクにとっての”オフィスでの日常”とは、テスラ・ロードスターを宇宙に打ち上げ地球の周回軌道に乗せることや、今月上旬に行ったスペースXで50回目となるロケット打ち上げを成功させることだ。革新的な企業家を目指そうがサラリーマンになろうが、多くの人がこの「リアル・アイアンマン」から学ぶことができる。以下に、マスクが自分の夢を追った10の方法を紹介しよう。

1. リード(主導)に必要なのはリード(読書)

学校を卒業しても、自己教育を止める必要はない。「自分が何を知らないか、ということは自分ではわからない。外の世界には自分の知らないものがたくさんあるのだということに、人は気付くものだ」とマスクは言う。

マスクは子ども時代、ブリタニカ百科事典を読破したという。そう、あなたと私が絵本を読んでいた頃、彼は百科事典に没頭していたのだ。この習慣は大人になってからも続いた。

子ども時代の読書の習慣を、同じように続けている人はいるだろうか? ソーシャルメディアへの投稿や記事を消費するのとは違う。本にのめり込むことで、視野が広がり、新たな洞察力やアイデアが湧いてくる。良きラーナー(学習者)が良きアーナー(稼ぎ手)となることは、驚きではない。

2. 広告に全予算をつぎ込むな

マスクは、広告宣伝費に予算を無駄遣いしない。その代わり、「この出費は、商品やサービスの改善に結びつくか?」と自問し、その答えがノーであればその出費はやめる。マーケターの筆者には耳が痛い話だ。

しかしマスクの言わんとすることは理解できる。質の高い商品は、口コミで大きく広まる。まずは商品の質を高めることに専念すれば、成功は後からついてくる。

3. 若いうちにリスクを冒せ

起業に最適な時期は、若いうちだ。「歳を取るごとに、しがらみが増える」とマスクは言う。「だから、リスクを冒して思い切ったことをするなら今だ、と言いたい。きっと後悔しないだろう」

年齢を重ねるにつれ、リスクを冒すことで自分の家族や子どもに与える影響も大きくなる。そして言うまでもなく、自由な時間も減る。しかし、義務や時間的な制約のない今こそ、リスクを冒す時だ。

4. 熱心に働け

イーロン・マスクは、厳しい仕事観を持つことで悪名高い。いくつもの企業を抱える彼は、週に100時間働くこともよくある。同じ努力が必要とは言えないが、疲れを感じたり、モチベーションが落ちたと感じたりした時には、彼のことを思い出そう。

彼は、自分を後押しするとはどういうことかを自分で決めている。同じことをしていない人は、恐らく自分の可能性を犠牲にしている。

5. 文句の代わりに創造を

ほとんどの人は交通渋滞に文句を言うが、イーロン・マスクは違う。不平を言う代わりに彼は、解決法を模索した。その結果が、トンネルシステムによって交通渋滞の緩和を目指すボーリング・カンパニーだ。独力で自分の将来を切り開くことは、自分が本当に求める成果を得るための最善の方法だ。

6. 同僚や顧客を家族のように愛せ

最高のリーダーは、顧客や同僚を家族のように扱う。マスクの場合、ツイッターを通じて顧客に対する感謝の言葉を頻繁に述べている。些細なことのようだが、人々には注目される。

多くの経営者が、マスクを手本としてきた。その一人であるSPi CRMのマウリク・パレク社長兼最高経営責任者(CEO)は「最も貴重な財産は、従業員だ」と説明する。「従業員を大切にすれば、向こうもビジネスを大切にしてくれる。従業員に対してすることは、顧客のためでもある。従業員の勝利が、顧客の勝利を生む」

マスクのように、役員室を出て、従業員や顧客との関係を通じてビジネスの基盤を築くことに時間を割こう。

7. 成功を計画しつつも、失敗に備えろ

成功を予見する水晶玉など存在しない。マスクでさえ、テスラ・モーターズがどうなるかは予測できなかった。だが、「本当に重要なことであれば、失敗する可能性が高かったとしてもトライすべきだ」と彼が説明したように、自分が大切に思うことがあるなら、夢を追い求めることに全力を注ぐべきだ。

そして同時に、うまく行かなかった場合にも備えておく必要がある。失敗したときの計画を前もって立てておけば、回復はより楽になる。

8. トレンドは追うな、作り出せ

「ただトレンドを追ってはいけない」とマスクは言う。大成功している企業は、新たなイノベーションを作り出すことに注力し、競争相手を追うことはしない。

バイラル・コンテスト・マーケティングを創業したジョニー・ビデルCEOは、この点についてマスクから多くを学んだ。「バイラル化は偶然起きるものではない」と彼は言う。「他者を追うのでなく、独自性を出すことに集中し、際立つ存在になるべきだ」

9. フィードバックループを構築せよ

改善の余地は常に存在する。「常に自分の成果を振り返り、改善方法を考えるフィードバックループは、とても重要だ。これは最高のアドバイスだと思う。どうやったら改善できるかを常に考え、自分に問い続けること」とマスクは解説する。

ヘルシー・リビング・ネットワークの創業者ジェーソン・ブリスは、マスクのアドバイスに従っている。「ネガティブな批判を恐れてはいけない。自分では気づかなかっただろう重要な見方が得られることが、たびたびある」

10. 自分の仕事に意義を見出せ

世界を完全に変えなくても、”善き行い”はできる。しかし、真の価値を提供するための努力は常に続けるべきだ。マスクはかつてこう言った。

「人々にとって高い価値のある何かを作り出した時……たとえそれが小さなゲームだったり、写真シェア方法のちょっとした改良だったりしたとしても、多くの人々にとって少しでも役に立つものであれば、それでいいのだと思う。世界を変えられなくても、良いものにはなる」

自分の仕事の中に、ポジティブな意義を見出そう。それがどんなに小さくとも、自分のモチベーションを上げる助けとなるだろう。

あわせて読みたい

「イーロン・マスク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  2. 2

    ポルノ動画にも「フェイク」の波

    WEDGE Infinity

  3. 3

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  4. 4

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

  5. 5

    マツダ新型車が逆張りを貫くワケ

    片山 修

  6. 6

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  7. 7

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  8. 8

    ユニクロスタッフらの悲痛な叫び

    MAG2 NEWS

  9. 9

    石破氏 会談中止に「やっぱり」

    石破茂

  10. 10

    金正恩氏に残された3つの選択肢

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。