記事

アマゾン時価総額世界第2に。それでも株価は過小評価?

昨日(3月20日)の米国株市場はFOMCを前にして比較的静かな動きだった。前日(月曜日)はフェイスブックから大量の個人情報流出疑惑で、ハイテク銘柄が大きく売られた。前日下落したアマゾン株は41ドル上昇して、1,586ドルになった。

この結果アマゾンの時価総額(7,680億ドル)はアルファベット(グーグル)(7,620億ドル)を抜いて時価総額で世界第2位になった。今やアマゾンより時価総額が大きな会社はアップルだけになった。

だがゴールドマンザックスのリサーチアナリストHeath Terry氏はまだアマゾンの株価は過小評価されているという。

ゴールドマンザックスはアマゾン株の株価ターゲットを1,825ドル(現在の株価より15%高い)に設定してきたが、今年中に1,900ドルを超える可能性が高いと同氏は述べた。

アマゾン株が過小評価されている理由は、アマゾンのクラウドサービス(AWS)とオンライン小売業が過小評価されているからだとTerry氏はいう。アマゾンはクラウドサービスで営業収入の6割を稼ぎ、その稼ぎをオンライン小売ビジネスの拡大に充てている。

一時巨大ネット企業ということでFANG銘柄(フェイスブック・アマゾン・ネットフリックス・グーグル)がもてはやされたが、実はアマゾンは他の銘柄と異なる特徴がある。それは「小売業」というモノを押えたビジネスを持っていることだ。

フェイスブックやグーグルは個人情報管理問題でしばらく株価が低迷する可能性があると私は見ている。この問題がアマゾンを大きく揺さぶることがない限り、アマゾン株がなお高値を追うというシナリオは説得力が高いように思われる。

 

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  4. 4

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  5. 5

    米朝会談中止は習近平氏が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  7. 7

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  8. 8

    米朝首脳会談決裂で困るのは日本

    天木直人

  9. 9

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

  10. 10

    元横浜市長が新聞の首相動静解説

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。