記事

「中国の業者にマイナンバーは出ていない」日本年金機構が支払いミス陳謝

[画像]会見した日本年金機構の水島藤一郎理事長

日本年金機構の水島藤一郎理事長は20日、2月支給分の年金が本来の額より少なく支払われた問題について、厚生労働省で会見し、支払いミスは年金機構が業務委託した業者の事務処理が適切でなかったことによって生じたと釈明し、「国民の年金事業への信頼を毀損するもの。心から深くお詫び申し上げる」と陳謝した。この委託業者が契約に違反し、中国の業社に個人データの入力業務を再委託していたことも判明したが、「中国にマイナンバーは出ていない」と強調した。

年金機構では、所得税などを源泉徴収した上で年金を支払っているが、この委託業者の入力業務には、源泉徴収税額を算定するための扶養親族等申告書に関するデータ入力でミスや漏れがあった。会見した水島理事長は「源泉徴収税額を正しく反映できないお客様が生じた。機構で4月13日の支払いに向けて全力を尽くして対応している」と述べた。年金額は多い人で5万円、少ない人で1万円少なく支払われていたという。

個人情報保護のために別業者への再委託は契約で禁じられているが、この業社はこうした個人情報データの入力業務を無断で中国・大連の業社に委託していた。水島理事長は「扶養親族等申告書の氏名の部分のみを切り取って再委託したと報告を受けている」と述べ、中国の業者に渡した個人情報にはマイナンバーは含まれておらず、流出していないと説明した。

中国の業者のセキュリティ体制や個人情報などの管理体制について、日本アイ・ビー・エムに監査を依頼したが、「委託された入力情報も適切に管理・削除されており、特段の問題はなかった」との報告を受けているとした。

中国に再委託した業者に対しては、3月20日から3年間、年金機構の競争入札への参加停止などの措置を取ったとし、「機構の監督のあり方を全面的に見直す。どこまで業務委託してもいいのかもう一度見直すべき。内製化も含めて検討する」と述べた。

【動画】日本年金機構の会見の模様

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  4. 4

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  5. 5

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  6. 6

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  8. 8

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  9. 9

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

  10. 10

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。