記事

匿名性の高いコインの除外について

コインチェックは送金先を追跡できない匿名性の高い仮想通貨3種類の取り扱いを打ち切る方向で調整していると時事通信が報じた。

この3通貨とは、DASH(ダッシュ)、Monero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)の3種類である。

まずこの3つの匿名性について簡単に解説したうえで、匿名通貨の見通しについて簡単に私見を述べる。

DASHであるが、主にコインジョインという手法で、いくつかの送金をまぜこぜにして、送金元と送金先の対応がわかりにくくするという技術が採用されている。あくまで解析がしづらいというだけで、送金内容自体はブロックチェーン上で明らかになる。

Moneroの場合は、リング署名という手法をつかい、送金のアドレスが秘匿できる。ただし、数量は秘匿できない。

Zcashの場合は、Z-SNARKというゼロ知識証明の技術を用いており、完全な秘匿を可能にする。つまり、送金のアドレス及びに、数量のどちらも秘匿できるため、外部からはどのような送金が行われたか一切伺い知ることはできない。

このような特性上マネーロンダリングに使われるのではないかと言われているが、私は疑問だ。そもそも、仮想通貨の送金は追跡できないし、止めることも、検閲することもできない、という前提にたって、現金との交換の接点である取引所を重点的に取り締まり監視しようというのが、世界的な対策の流れだ。日本もこの路線にそって、仮想通貨交換業の許認可を導入し、犯罪収益移転防止法の適用などを決めた。

取引所で補足する、というのが基本の作戦であったわけだが、匿名通貨自体の取り扱いを禁止するということは、追跡できない通貨を認めないということであり、仮想通貨そのものの追跡性の領域に踏込んでしまっているように思える。

秘匿トランザクションは非常にサイズが大きい。たとえば、Zcashの秘匿トランザクションは通常の送金にくらべて20倍以上のデータサイズがあるとされている。つまり、送金にかかる手数料も20倍になってしまう。(Zcashでは秘匿送金はオプションであり、普通の送金も可能である。このためZcashでは秘匿送金が可能にも関わらず99.9%送金が普通の送金になっている)。

データ量の多さは問題で、ただですらブロックサイズが逼迫しているビットコインや、処理遅延をおこしているイーサリアムにおいて、20倍ものデータがやり取りされる状況は考えづらい。

コインのプライバシーや検閲耐性と、処理容量というのがトレードオフになっているため、現時点ではビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムには秘匿性のある処理は導入されないだろう。

だからといって、これらのメインストリームのコインの開発者が、プライバシーや検閲耐性という概念を軽視しているわけではない。むしろこのトレードオフを技術的にどのように解決し、最終的に秘匿性をどのように確保するかを慎重に考えているといってもよい。

ビットコインにしろ、イーサリアムにしろ、最終的には、相当の秘匿性を獲得するだろう。

たとえば、セカンドレイヤーといわれる技術においては、秘匿性を高めることは容易である。データの容量が問題にならないため、秘匿機能をつけることができるほか、そもそもの取引自体がオフチェーンであり、誰もが閲覧できるブロックチェーン上には最終的な取引残高しか記録されない。

また、MASTと呼ばれるスクリプトの内容を一部秘匿するような技術では、スマートコントラクト実施ににどのような条件の取引が行われたのかが、わかりにくなる。

こうした技術はどんどん発展するはずで、重要性を増していくだろう。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

  5. 5

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  8. 8

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  9. 9

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

  10. 10

    日本への非難続ける正恩氏の思惑

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。