記事

東芝新会長が「3人目の救世主」になれない決定的理由 経済ニュースの「裏」を読む - 大西 康之

 この4月、粉飾決算や海外原発事業における巨額損失で経営危機が続く東芝の会長に元三井住友銀行副頭取の車谷暢昭(くるまたに・のぶあき)氏が就任する。海外ファンドに頼った6000億円の増資で2期連続の債務超過を回避した東芝は外部からのトップ登用で「出直し感」を強調する。経営危機に陥った東芝が、外部からトップを迎えるのはこれが初めてではない。ただ、過去2回に比べると今度は圧倒的に荷が重い。

【写真】外部から初めて東芝のトップに就任した石坂泰三氏

三井住友銀行で「頭取になれなかった人」

「東芝の再建を託されるのは天命だ。男子の本懐と受け止めた。東芝は我が国を代表する財産とも言える企業。総力を結集して早期に復活させたい」。新会長の就任が発表された2月14日の記者会見で、車谷氏はこう語った。


東芝の会長に就任した車谷暢昭氏(左)と綱川智社長(右)

 本人はやる気満々だが、外部から見るといかにも唐突な人事だった。東芝のメーンバンクである三井住友銀行による支援のようにも見えるが、そうではない。確かに三井住友フィナンシャルグループの國部毅社長は、車谷氏の上司だったことがある。しかし東芝の会長人事で國部氏が動いた形跡はないし、さらに言えば、車谷氏は銀行を退職してすでに1年が経過しており「三井住友の人」ではないのだ。

 有り体に言えば、車谷氏は三井住友銀行で「頭取になれなかった人」である。2016年12月、同行は國部毅頭取が持ち株会社、三井住友フィナンシャルグループの社長に就任し、高島誠専務が新頭取に就任する人事を発表した。

 当時、副頭取の車谷氏は「自分が次の頭取」と思い込んでいたらしいが、「人望が薄い」(三井住友銀行関係者)というのが衆目の一致するところだった。頭取の座を射止め損ねた車谷氏は、退任した副頭取のおきまりのコースである三井住友の関係会社トップには就かず、英投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズの日本法人会長という再就職先を見つけてきた。「自分を見捨てた会社の世話にはならない」という反骨心は見上げたものだが、さりとてCVCで目立った成果を上げたわけでもない。

東日本大震災の後、経産省と主力行が「共謀」

 そんな車谷氏を東芝が会長に迎えた背景には「経済産業省の強い意志がある」(東芝関係者)という。7年前の東日本大震災の後、福島第一原発の事故で死に体になった東京電力を「賠償の主体」として生き残らせるため、経産省と東電の主力行は「共謀」した。その時、経産省から東電に取締役として乗り込んだのが現事務次官の嶋田隆氏、三井住友銀行の東電担当は車谷氏だったという。嶋田氏が気心のしれた車谷氏を指名した、もしくは車谷氏が嶋田氏に自らを売り込んだと考えれば、唐突な人事にも納得がいく。

 問題は車谷氏が東芝会長の任に耐えるかどうかである。結論を先にいえば無理だろう。記者会見で同氏は「男子の本懐」と時代がかった言葉を使った。バンカーの車谷氏が城山三郎の人気小説『男子の本懐』を念頭に置いていたことは想像に難くないが、言葉選びがいかにも「不適切」である。

『男子の本懐』は「金解禁」という政策の実現に命をかけた浜口雄幸首相と井上準之助蔵相の物語である。1929年に発足した浜口内閣は「劇薬」と言われた金解禁によって国の財政を立て直し、政府と財閥のもたれ合いを断とうとした。「原発推進」の国策が東芝を危機に陥らせたことを考えれば、原発推進の旗振り役である官僚の推薦で東芝に乗り込む車谷氏が「男子の本懐」とは、まるでブラックジョークだ。

石坂泰三、土光敏夫に次ぐ3人目

 冒頭に述べたように、車谷氏は東芝にとって外部から迎える3人目のトップである。車谷氏の前に外部から乗り込んだ2人とは、1949年から1957年まで社長を務めた石坂泰三氏と1965年から1972年まで社長を務めた土光敏夫氏である。日本財界の巨星であるこの2人と車谷氏を比較するのは、そのこと自体が偉大なる2人の先達に失礼だが、若い読者には若干の説明が必要かもしれない。

 石坂氏は1911年東大法科を卒業して逓信省(現総務省)に入省するが、1915年、同省を退官し第一生命保険に入社。52歳で社長になる。石坂が社長の時に建てたのが、戦後GHQ(連合国軍総司令部)に接収された日比谷の第一生命館であり、連合国軍最高司令官のダグラス・マッカーサーは石坂が使っていた椅子に座った。

 戦後、三井銀行の頭取に懇願され、石坂氏は1949年に東芝の社長に就任した。下山定則国鉄総裁が轢死体で発見された「下山事件」のあった年であり、日本各地で大規模な労働争議が起きている中、経営者はいつ命を狙われてもおかしくない状況である。特に戦前10万人超の従業員を抱えていた東芝は「総資本VS総労働」の主戦場になっており、生産現場は荒れ放題、台所も火の車で倒産寸前の状況だった。「お公家様」と呼ばれた東芝プロパー経営陣はオロオロ逃げ回るばかりで埒が明かない。石坂氏の派遣は、総労働をねじ伏せるための、財界の総意だった。

最初に「財界総理」と呼ばれた

 石坂氏は社長就任が決まると、単身でふらりと組合の本部に現れ「近く社長になる石坂です」と挨拶し、労組幹部の度肝を抜いた。石坂氏は「会社が潰れては元も子もない」と荒れ狂う労組を抑え込み6000人の人員削減を断行する。一方で残った従業員の待遇改善には心を砕き、労働協定を結んだ時には「ぼくは諸君に英雄にさせてもらった」と組合員に頭を下げた。東芝の労働争議を平定した石坂氏は第2代の経団連会長に就任した。最初に「財界総理」と呼ばれたのも石坂氏である。

 経団連会長時代、経団連会館建設のため国有地払い下げを申請した。石坂は何度も大蔵大臣を訪ね、頭を下げたが、大手町の一等地は欲しがる企業や団体が多く、政治家も絡んで一向に払い下げ先が決まらない。もともと気が短く癇癪持ちだった石坂は、時の大蔵大臣、水田三喜男氏を怒鳴り上げる。

「もう、君には頼まない」

 このセリフはそのまま、石坂氏の生涯を描いた城山三郎の小説のタイトルになっている。現代の国有地の払い下げといえば「森友問題」だが、登場人物には権力者を忖度する官僚ばかりが目につく。小粒になった大企業の経営者は官僚の顔色を見る。官僚が政治家を忖度し、その官僚を経営者が忖度する。自分が正しいと信じれば大臣をも怒鳴り上げる。石坂氏のようなスケールの経営者は絶えて久しい。

「諸君にはこれから3倍働いてもらう」

 石坂氏の社長時代、東芝は朝鮮戦争の特需もあって息を吹き返す。だが石坂氏の後、社長になったプロパーの岩下文雄氏は一流意識の強い人物で、社長室にバス・トイレを備え付け、来客用に専用の料理人を雇う贅沢ぶりだった。組織は頭から腐っていく。東芝社内に大企業病が蔓延し、業績は再び下降線をたどる。

 三井銀行などに「なんとかしてくれ」と頼まれた石坂氏は1965年、自分が相談役を務めていた石川島播磨重工業の社長である土光敏夫氏を東芝に送り込んだ。

 石坂氏の「天の声」で東芝社長に就任した土光氏は、開口一番、弛緩していた東芝社員に向かってこう言った。

「諸君にはこれから3倍働いてもらう。役員は10倍働け。俺はそれ以上に働く」

 土光氏は70歳になろうとしていたが、言葉通り夜行列車で全国30カ所以上の工場、支社、事業所を回った。多くの現場はこれまで社長が訪れたことがなく、従業員たちは「オヤジ、オヤジ」と土光氏を慕い、業績は回復に向かった。石坂氏の推薦もあり、1974年、土光氏は第4代の経団連会長に就任している。

 これが過去に2度、東芝の再建に成功した経営者たちの横顔である。経産事務次官に声をかけられ「男子の本懐」などと舞い上がってしまう車谷氏に、石坂氏や土光氏のような覚悟や度量があるとは思えない。海外原子力事業は総額1兆4000億円もの損失を生み、粉飾による利益水増しの総額は2000億円を超えている。巨額損失や粉飾に関わった役員、社員のほとんどは「お咎めなし」で東芝に残っている。

 ここまで腐食した巨大企業を立て直すには間違いなく石坂氏、土光氏並みの豪腕が必要だ。しかし車谷氏に麻生大臣を怒鳴り上げる勇気はないだろうし、「3倍働け」と社員に言えば「パワハラだ」と返り討ちにあいそうだ。東芝再建は「頭取になれなかった人」の手に負える代物ではない。

(大西 康之)

あわせて読みたい

「東芝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  2. 2

    ポルノ動画にも「フェイク」の波

    WEDGE Infinity

  3. 3

    マツダ新型車が逆張りを貫くワケ

    片山 修

  4. 4

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

  5. 5

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  6. 6

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  7. 7

    「ツンデレ外交」失敗した北朝鮮

    自由人

  8. 8

    ユニクロスタッフらの悲痛な叫び

    MAG2 NEWS

  9. 9

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  10. 10

    石破氏 会談中止に「やっぱり」

    石破茂

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。