記事

狭まっていく資金源…暴力団の経済事情は?溝口敦氏と沖田臥竜氏に聞く

1/2

 指定暴力団「神戸山口組」(本部・兵庫県淡路市)から昨年4月に離脱した勢力が結成した「任俠山口組」(本部・同県尼崎市)について国家公安委員会は16日、指定暴力団にすることを決定した。

 一方、暴力団の規制・排除が厳しくなったことで、経済的な困窮をうかがわせる事件も起きている。去年5月、愛知県のショッピングセンターで、スイカ・米・野菜など計7万6000円相当を万引きしたとして神戸山口組系幹部が逮捕された。また11月には北海道釧路町で暴力団幹部がイクラ目当てにサケ37匹を密漁し逮捕。さらに同月には福岡の暴力団組長が、贈られたお中元が安い明太子(2000円分)だったことに激怒し、相手を脅迫して逮捕された。

 そんな彼らの懐事情を表しているのだろうか。六代目山口組の組員たちに配られるという機関紙には、このようなヤクザたちの少々切ない本音が、「正月は子供見るたび財布泣く」といった川柳・俳句に綴られている。

 暴力団対策をめぐっては、暴力団対策法や各自治体での暴力団排除条例など様々な対策が行われてきた。暴力団対策法では、みかじめ料・口止め料などを要求する行為や因縁を付けて金品等を要求する行為が禁止された。また、2010年に福岡県が施行した暴力団排除条例では、暴力団員の銀行口座の開設、生命保険の加入や自動車販売店での購入禁止などが定められた。

 さらに法務省は先月、暴力団の資金源を断ち切ることを目的とした法改正案を明らかにした。新たに株式会社を設立する場合、反社会的勢力に関わりがないことの申告を義務付けるというもので、今年秋にも導入を目指すとしている。

 暴力団取材の第一人者の作家・溝口敦氏は「分裂前の山口組では、直系組長たちが年間1000万円くらいの上納金を収めていた。山口組組長だった司忍の年収は3億円以上だった。また、バブル期の地上げで金が入った頃には、一般人と比較にならないくらいの収入だったが、今は減っている。暴力団排除条例には暴力団への利益供与禁止というのがあり、氏名も公表されるため、近隣の飲食店や工務店などからも孤立している」と話す。溝口氏によると、そんな暴力団の現在の主な収益元は、覚醒剤、ネットカジノ、詐欺だという。

あわせて読みたい

「暴力団」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  3. 3

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  4. 4

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  6. 6

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  7. 7

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  8. 8

    草の根スタイルの元議員に限界か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    中国のサーモンは偽? 無知な批判

    永江一石

  10. 10

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。