記事

「トランプ大統領の貿易政策修正へ」 ―“中国外し”のTPP11に加入か― - 屋山太郎

 トランプ大統領の貿易政策には驚かされる。大統領就任当日にTPPからの脱退を発表。最も親密な貿易相手国だったはずのカナダ、メキシコとのNAFTA協定も“やり直す”と宣言。3月8日には鉄鋼とアルミの輸入品が米国の安全保障を脅かしているとして鉄鋼に25%、アルミに10%の新たな関税をかけることを正式に決めた。このトランプ氏の貿易政策を見て自由貿易派のゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞意を表明した。トランプ氏の言い分は自由貿易の守護神たるべきWTO(世界貿易機構)が「米国を正当に扱っていない」というものだ。

 17年の統計で米国は世界GDPの24.3%を占めて1位。2位の中国は14.84%だが、中国は経済成長率を6.5%前後でずっと行くという。10年この成長を続けると中国は2倍の体積になることになる。資源もエネルギーも今の2倍必要になるということだ。

 軍事費は18年度、前年の8.1%増の1兆1069億元(約18兆円)で、2050年には軍事力は世界の超大国となるという。その成長をかなえる手段として、中国は一帯一路の公共事業を周辺国に強要している。中国の政策に逆らうものがいれば、背景に軍事があるぞ、という構えだ。一帯一路を強要された国の事業費は中国がいくらでも貸すといって始まったが、元本はおろか、金利も払えない国が続出している。これに対して中国は領土割譲、港湾などの管理会社買収、99年間の中国支配権を認めさせるなど悪代官並みの権力強化を進めている。

 トランプ氏の念頭にあるのは強大化する中国にどう対応するかの一点だろう。もともとWTOはその公平な市場経済を形成する理念のもとに設立された機関である。本来なら、WTOに加盟した一国は他の国に差別をつけてはいけないのが原則である。しかし経済の熟度が違う国同士が同じ条件で交易するわけにはいかない。そこでNAFTA、TPPなど近似性のある地域が集まって関税を調整し、貿易協定ができ上がった。ただしその前提はフェアな市場経済である。

 中国は社会主義経済体制だったが、78年に改革・解放路線に切り換えて、86年に加盟申請したが、15年間認められなかった。いったん加盟となれば、他の市場経済国と同等の権利を得る。ところが中国のやり方は、精密な製品を買って来て、分解して部品を真似る。同じ製品も製造できるし、部品も売れる。他国の特許などはあって無きが如くなのだ。知的財産権や特許など「真似てなぜ悪い」と居直るのが、中国、韓国だ。

 安倍晋三氏が米国抜きのTPP11をつくる狙いは、盗難や知的財産権に極めて厳しい協定だ。端的に言えば“中国外し”で、トランプ氏がTPPに入っていいと言い出したのは、その知恵に気付いたからではないか。

(平成30年3月14日付静岡新聞『論壇』から転載)
屋山 太郎(ややま たろう)
1932(昭和7)年、福岡県生れ。東北大学文学部仏文科卒業。時事通信社に入社後、政治部記者、ローマ特派員、官邸クラブキャップ、ジュネーブ特派員、解説委員兼編集委員を歴任。1981年より第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画し、国鉄の分割・民営化を推進した。1987年に退社し、現在政治評論家。「教科書改善の会」(改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会)代表世話人。
著書に『安倍外交で日本は強くなる』『安倍晋三興国論』(海竜社)、『私の喧嘩作法』(新潮社)、『官僚亡国論』(新潮社)、『なぜ中韓になめられるのか』(扶桑社)、『立ち直れるか日本の政治』(海竜社)、『JAL再生の嘘』・『日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業』(PHP研究所)など多数。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  2. 2

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  3. 3

    トランプ氏 北朝鮮と「内通」か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  5. 5

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  6. 6

    坂口杏里のストリップ降板が波紋

    女性自身

  7. 7

    さんまがカーナビを使わない理由

    PRESIDENT Online

  8. 8

    田原氏「安倍首相は困難な局面」

    田原総一朗

  9. 9

    加計めぐる愛媛文書に信憑性アリ

    田中龍作

  10. 10

    拉致解決は安倍首相以外でも可能

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。