記事

ロシア軍の米攻撃に対する対抗(ロシア参謀長の警告)

なにやらシリアを巡り、冷戦時代の米ソ対決を想起させる物騒な話になってきました。

(国連安保理が、東ゴータの悲劇を前に、行動できないのであれば、米国は独自に行動する用意があるとの米国連代表の言葉は朝方報告しましたが)al qods al arabi net は、ロシア軍参謀長が13日、仮に米軍がシリアを攻撃したら、ロシア軍はそのミサイルや発射台等を攻撃するであろうと語ったと報じています。

参謀長はさらに、ロシア兵士の命が危険にさらされたら、相応の反応をするであろうと語った由。
http://www.alquds.co.uk/?p=896592

何やら恐ろしい話になってきましたが、何しろ米国では最高指揮官のトランプが、ロシアに対しては特別の思い入れがあるようで

(本日、英首相が、ソールスベリ―デモとロシア情報機関員が、娘とともに毒物に侵され、生死の境をさまよっている事件で、事件はロシアに責任があるとして…この毒物を有しているのはロシア等ごく少数の国で、ロシア政権がやったか、その保管がルースで毒物が流出したかと非難した・・・ロシアを激しく非難した事件で、国務長官等はおそらくロシアの責任であろうと発言しているのに対して、トランプは全く無視し、大統領府報道官も繰り返しての質問に対し、ロシアのㇿの字も使わなかった由)

トランプが大統領である限りは、おそらくは米ロの軍事衝突はないだろうと安心していますが、どうでしょうか?

米政権内で、これだけの大きな齟齬があるというのは、自由主義社会(この言葉も冷戦時代のものだが)か民主主義社会か知りませんが、欧米、日本、豪州、カナダ、NZなどには深刻な問題ですね

勿論なんでも噛んでもプーチンに反対すればいいわけではないが、このような状況では、プーチンにしろ、習近平にしろ、金さんにしろ、独裁者に足元を見られ、俗にいう「脅しやたかり」の種にされることが危惧されます。

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日大は雪印逆ギレ会見の二の舞か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    日大アメフト 元凶はカルト指導

    大西宏

  3. 3

    橋下氏「日大会見の司会が最悪」

    橋下徹

  4. 4

    日大監督の「自供」を文春が公開

    文春オンライン

  5. 5

    自民重鎮「愛媛知事は出たがり」

    深谷隆司

  6. 6

    よしのり氏 安倍政権は戦後最低

    小林よしのり

  7. 7

    巨乳使い元首相に取材 記者告白

    PRESIDENT Online

  8. 8

    堀江氏 中高教育の9割は意味ない

    サイボウズ式

  9. 9

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  10. 10

    眞子さまカメラ拒絶に心配の声

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。