記事

「調書」は書き換えても法的に問題ないと考えたか

財務省の文書書き換え問題。

調書は別添扱いで、売買契約書本体に作用を及ぼすものではなく法的に問題は無い、書き換えも問題無いと甘く考えていたか。

調書があまりに詳しすぎるのも通常ではありえない。

籠池氏側が脅しに近い交渉をしたことを近畿財務局側が詳細に記すことで自己防衛をしようとしたか。

それを本省が削除してしまったのだから元も子もない。

昭恵夫人の記述は、籠池氏側が勝手に言っていることを記載しているだけで、すでに報道されているものと同様。

一部メディアは何とか昭恵夫人と絡めたいようだがそれは無理筋。

報道ステーションで後藤謙次氏が「理財局の一職員がやったとは思えない」と述べているが、根拠は何か。

根拠に基づいた批判は甘んじて受け、改善するが、印象論だけでは対処のしようがない。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  2. 2

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  4. 4

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  5. 5

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  6. 6

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  7. 7

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  8. 8

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  9. 9

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  10. 10

    オウムがつけ込んだ日本教育の穴

    原田よしあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。