記事

値下がり続く主要な仮想通貨、需要を増やす5つの要因とは

Panos Mourdoukoutas ,CONTRIBUTOR


Shutterstock.com

ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要な仮想通貨の価格が、再び下落している。2か月ほど前に暴落して以来、影響はより幅広く市場全体に及んでおり、価格で上位100に入るうちの92種類が、3月9日までの7日間に値を下げた。同じ期間に値上がりしたのは、わずか2種類だけとなっている。

こうした市場の傾向について、驚くべきではないと考え人もいるはずだ。各国政府による規制強化の可能性からハッキングの被害まで、仮想通貨そのものに対する圧力が高まっている。

その中で、ビットコインその他の主要な仮想通貨の需要も減少してきている。投資家たちの関心が、主要な仮想通貨から別のアルトコインへと移り始めているのだ。ただ、投資家の層はこれまでのイノベーターとアーリーアダプターから、アーリーマジョリティにまで広がり始めている。以下のような要因により、需要は再び増加に転じる可能性もある。

1. ウォール街の関心の高まり──例えば、米投資会社グレイスケール・インベストメンツは先ごろ、「ビットコイン・インベストメント・トラスト」の他にも新たに4種類の仮想通貨の投資信託を立ち上げたことを明らかにしている。

2. 為替相場の動向──上昇すれば、不換通貨での仮想通貨の取引がより容易になる。

3. 主要国間の貿易に関する緊張の高まりと、インフレへの懸念──インフレ国の通貨は下落するとされている。

4. 格付け機関の関心の高まり──今年1月、米フロリダ州に拠点を置くワイスレーティングス(Weiss Ratings)は、数十種類の仮想通貨の格付けランキングを公表した。

5. 金融商品の開発の進行──ビットコインの先物取引の開始など。先物を購入しておくことにより、価格の乱高下に対するリスクヘッジが可能になる。

ただ、すでに種類が千数百を超える仮想通貨は、新たなイニシャル・コイン・オファリング(ICO)によってさらにその数を増やしている。特定の仮想通貨の需要が増えたとしても、それがその価格上昇を保証するものではない。

(仮想通貨やトークンへの投資は、非常に投機的なものだ。市場にはほぼ規制がない。投資額の全てを失う可能性があることを覚悟しておく必要がある。なお、米ロングアイランド大学ポスト校の経済学教授である筆者は、ビットコインを保有していない)

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    北の核実験中止 日本には脅威か

    緒方 林太郎

  6. 6

    熱狂が一転 ニュータウンの末路

    NEWSポストセブン

  7. 7

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  8. 8

    テレ朝アナ「信頼は地に落ちた」

    AbemaTIMES

  9. 9

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  10. 10

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。