記事

前場の日経平均は3日続伸、上げ幅一時500円超 米雇用統計を好感

[東京 12日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比368円26銭高の2万1837円46銭となり、3日続伸した。前週末に発表された米雇用統計でインフレ懸念が緩和。米国株が大幅高となったことを受け、序盤から幅広く買いが優勢となった。上げ幅は一時500円を超え、2万2000円に接近したが、為替がドル安・円高に振れると戻り売りに押された。

TOPIXは前週末比1.43%高で午前の取引を終了。東証1部の午前の売買代金は1兆1856億円だった。東証33業種全てが上昇。値上がり率トップはゴム製品で、機械がこれに続いた。食料品や水産・農林など内需セクターの一角は指数をアンダーパフォームした。

米2月雇用統計は非農業部門の就業者数が1年7カ月ぶりの大幅な増加となった一方で、賃金の伸びは勢いが減速した。一方で、国内では学校法人「森友学園」への国有地取引を巡り、財務省が決裁文書の書き換えを認める方針であることが判明した。

市場では「(財務省の文書書き換え問題は)目先の不透明要因にはなるが、米国ではインフレが加速しない程度の景気拡大が続きそうだ。日本株の戻り基調には変化がないだろう」(三菱UFJ国際投信・チーフストラテジストの石金淳氏)との声が出ていた。

ファナック<6954.T>、東京エレクトロン<8035.T>、ファーストリテイリング<9983.T>など値がさ株がしっかり。日経平均は1.72%高で前引けとなった。日経平均をTOPIXで割ったNT倍率<.NTIDX>は一時12.59まで上昇。取引時間中としては2月6日以来の高水準を付けた。

東証1部の騰落数は、値上がり1681銘柄に対し、値下がりが321銘柄、変わらずが67銘柄だった。

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏は内閣改造で入閣あるか

    NEWSポストセブン

  5. 5

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

  6. 6

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  7. 7

    ふかわが新型iPhoneに不満爆発

    AbemaTIMES

  8. 8

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  9. 9

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  10. 10

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。