記事

今なお財務官僚のしっぽ切りで延命を図ろうとする安倍晋三氏、麻生氏もしっぽですからね

 政府は、追い詰められたあげく、ようやく森友学園の文書改ざんを認める方針となりました。
 近畿財務局の書換は、本省の指示を臭わせていますが、要は辞職した佐川前国税庁長官や財務官僚に全ての責任を押し付けようという動機が露骨です。
財務省書き換え、佐川氏が指示 12日国会報告」(毎日新聞2018年3月11日)
「財務省は10日、書き換えを認める方針を固めた。財務省の調査で、国会議員らに開示された決裁文書に複数の書き換えられた部分が見つかった。売却問題が発覚した昨年2月当時は、佐川宣寿前国税庁長官が理財局長を務めており、売却の経緯を説明する責任者として書き換えを指示したとみられる。」
 佐川氏の辞職にあたっても懲戒処分を下していましたが、さらに別の事実が出てきたときはさらに処分するなどと言っていました。佐川氏の改ざん指示を念頭に置いていたことは明らかなのですが、政権側は、この時点でこの事実も承知していたわけです。
 しかし、誰もが思うのは、ならば佐川氏は誰の指示で何の目的で文書改ざんを指示したのかということです。
 自民党政権は、その点には全く踏み込みません。最初から佐川氏にに押し付けることを目論んでいたわけです。

 しかし、誰が改ざん指示が佐川氏の独断などと思うものですか。

 自民党にとって都合が悪ければ、しっぽを切って幕引きをはかろうということはお得意の戦術です。
進次郎氏「自民は『しっぽ切り』しない」 森友文書問題」(朝日新聞2018年3月11日)
「小泉進次郎党筆頭副幹事長は11日、岩手県陸前高田市で、「書き換えが事実だとすれば、真実を国民に伝える必要がある」と記者団に語った。
 そのうえで「自民党は『トカゲのしっぽ切り』と言われるような、官僚だけに責任を押しつけるようなことをする政党ではないという姿を見せないといけない。この問題は行政だけではなく政治全体の問題と受け止めなければならない」と話した。」
 小泉氏もしっぽ切りが自民党の体質だとは思われたくないということですが、官僚だけに責任を押し付けることはダメですね。では、政権側の誰のどのような責任を追及しますか。

 政権側が次に用意している「しっぽ」は麻生大臣です。監督責任名目での大臣が辞任して幕引きをはかろうとするわけです。これもしっぽ切りです。麻生氏は決してトップ(頭)ではありません。頭は安倍氏なのですから、その頭である安倍氏を守るためであれば麻生氏など軽い軽いしっぽにすぎません。
 佐川氏で食い止められなければ、次のしっぽである麻生大臣の辞任で「大臣までもが辞任したんだ」で切り抜けようという作戦なのでしょうが、それで通用するはずもありません。それはあまりに醜態です。本気で麻生氏の辞任で幕引きがはかれると思っているのだとしたら、あまりにおめでたいとしか言いようがありません。

しっぽ

 政権に問われているのは監督責任ではありません。政権側が改ざんを指示したのかどうかという点です。政権は真っ黒です。政権側にこの疑念を晴らせますか。
森友文書改ざんを認める 安倍内閣の総辞職だけでは責任を取ったことにはならない 昨年、臨時国会の召集請求を拒否したのは安倍氏が黒幕だからだ

 小泉進次郎氏は、調子のいいことばかり言っていますが、これまでも結局は、政権に対峙することはありませんでした。ここまで証拠が明るみに出てからの発言ですから、いかにも軽いのです。小泉氏は所詮は、自民党の人寄せパンダ以上の存在ではありませんし、政権の末期症状です。

 それ以上に朝日新聞を攻撃し、誤報だとか、証拠を出せなどと言っていた人たちも問題ですが、昨年の段階で既に政権関与は誰の目にも明らかだったのに、疑惑をあからさまに封印してきたことこそが大問題だということです。

言い訳が見苦しい例

 もともと昨年の段階で安倍氏夫妻は真っ黒だったにもかかわらず、それをうやむやにしようとして、しかも秋の総選挙で「大勝」したことから、この問題は終わったと思い込んでいたところに朝日新聞が改ざん疑惑を報じたことから、この隠蔽問題と安倍氏の疑惑が再びクローズアップされたのです。
 昨年の段階で、安倍氏を擁護してきた人たちにも同じだけの責任があります。その責任は決して軽いものではありません。疑惑が実は真っ黒であることくらい普通の感覚があればわかることなのに、とにかく、安倍氏を擁護してきたのですから「知らなかった」とか「欺された」などという言い訳は通用しません。

 安倍内閣の総辞職を求め、立ち上がりましょう。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  2. 2

    新潟女児殺害 独身者を犯人扱い

    NEWSポストセブン

  3. 3

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  4. 4

    橋下氏 香山リカ氏の指摘に反論

    橋下徹

  5. 5

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    安倍総理 金正恩氏の言葉に乱調

    メディアゴン

  7. 7

    日大・内田前監督 次の理事長に?

    NEWSポストセブン

  8. 8

    日大と東芝に共通する集団催眠

    文春オンライン

  9. 9

    英王子挙式に響いた黒人ゴスペル

    小林恭子

  10. 10

    麻生氏vs安倍首相タチの悪さ比較

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。